第8回 防災教育実践交流会『現役教員と考えるこれからの地域防災』を開催しました!

2022年10月30日にオンラインにて「第8回防災教育実践交流会」を開催いたしました。
計33名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

今回は「現役教員と考えるこれからの地域防災」をテーマに、中川優芽先生をゲストにお迎えしご講演いただきました。後半には座談会を行い、参加者の方同士で現状や意見を共有しました。

中川先生のご講演では、自身が防災教育に取り組まれるようになったきっかけや、岩手県釜石小学校で実際に行われた避難行動や下校時避難訓練の様子についてお話いただきました。加えて、それらをモデルとした避難訓練の構築、地域との連帯した防災教育の実践例等、ご自身の研究や経験を自身の学校でどのように活かしてこられたのか、その際の問題点について具体的にお話いただき、非常に勉強になりました。

また座談会では、地域の防災士の方や防災教育に取り組まれている教員の方、学生など多様な視点から防災教育について考えることができた、貴重な時間となりました。参加者アンケートにも「様々な活動分野の方とお話しでき、今後の活動にも活かせると思いました。」との嬉しいお声をいただいております。

引き続き防災教育を広める活動に励んでまいります!
今後とも、災害と教育事業部わたげプロジェクトをよろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!