◆代表理事 陰山英男

11850431_506866639471704_6125187577776480564_o

つぼみプロジェクトに参加された皆さん、本当にありがとうございました。子ども達もずいぶん喜んでいたようで、嬉しい限りです。

今回の企画の1つに、企業見学がありました。私は子ども達と一緒に読売新聞に行ったのですが、かなり心臓部に近い所まで入れていただき、私自身も大変有意義な時間となりました。小学生の時に、このような貴重な体験ができるというのは、大変素晴らしく、今後学習していくうえで大きな励みになると思います。

また今回は、クラウドファンディングサービス(READY FOR)を通してのご寄附をはじめ、多くの関係者の皆様の多大なるご協力を得て実施されました。誠にありがとうございました。皆様のご協力に心から感謝し、私たちはこれからも支援の努力を続けていきたいと考えています。

未来ある子ども達には、飯舘村のみならず、福島や日本をより素晴らしくするための力があります。今回のプロジェクトで、その力が更に大きく、たくましくなったと確信しています。

 

◆飯舘村教育委員会教育長 八巻義德

11880607_507638682727833_6690083623364738002_n

“夢を形に”

つぼみプロジェクトには、グローバルな将来を担う大学生と学校・家庭・地域・企業をつなぐ教育の実践者の協働があります。その場は、「やってみよう」、「Yesから始めよう」という自己肯定感に満ちています。

子どもたちの夢は憧れから始まります。憧れる学びの場を訪ね、憧れる大人に出会い、憧れる大学生と未来を考えます。事前研修、大学と企業で学び、未来の自分を探す本研修、事後研修の5日間で、夢のような想いが具体的な目標に変わります。

当プロジェクトの成果そのものがキャリア教育の必要性です。子どもたちの学びのスイッチを探していただいた皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

 

◆つぼみプロジェクトリーダー 中村優希

11850450_507638852727816_6011070033415047585_o

今年のスタディツアーでは、2泊3日の東京スタディツアーに加えて、福島県での事前研修と事後研修も実施いたしました。

8月初めの事前研修では緊張した面持ちだった子どもたちは、9月初めの事後研修で1人1人前に出て、自分の夢を立派に語っていました。

子どもたちが語った夢の中には、スタディツアーで体験したプログラミングを使うゲームプログラマーや、スタディツアーを共にした大学生のような優しい保育士さんなど様々なものがありました。

今子どもたちが語った夢は、これから変わっていくかもしれません。これから子どもたちには、たくさんのことを経験し、たくさんの夢や憧れを抱き、様々なことに挑戦していってほしいと思います。そして、つぼみプロジェクトがその一助となれば幸いです。

最後になりますが、今回のつぼみプロジェクトの企画運営にあたり、ご理解ご協力いただきました飯舘村教育委員会の皆様、先生方、保護者の皆様、ご協力いただきました皆様に感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。