学校ボランティアプロジェクト


VPロゴ

Mission

子どもの「できる」を増やす画像

私たちが子どもと接する中で意識するのは、「一人ひとりと向き合うこと」です。

日本の小中学校の教室には、最大で40人もの子どもたちがいます。

それを見守ってあげられる先生はたったの1人。

先生の目が届きづらい子どもたちともきちんと向き合い、

些細なことからでも「できる」を増やしたい。

そのような願いをもって、私たちは次のVisionを掲げます。

東京近郊の小中学校に大学生を継続的に派遣し、

子ども一人ひとりと向き合うプロジェクトになる。

今すぐボランティアをしたい!という方はこちら

子どものできるを増やしている図VPこども

アーカイブ

ページ上部へ戻る