専門職×大学生で、困難さに寄り添う支援を届けます

ギフテッドプロジェクトsprinGは、医師や特別支援教育の専門家と教育に志のある大学生が中心となって運営しており、なかなか学校に馴染みづらいギフテッドの子とその保護者の方に居場所を提供しています。

こんなお悩みに寄り添っていきます

  • 子育ての悩みを話して共感できる親仲間がおらず、孤独を感じる。
  • 毎日子どもの話し相手を続けるのがとても大変。
  • 親以外の人とも話せる機会を作りたい。
  • 自分の好きなことや考えていることを思いっきり話せる人が周りにいない。
  • 自分に自信が持てなくなってしまっている。

サービス内容

保護者さま向け

保護者用オンラインコミュニティ

Slackというチャットアプリ上に、会員限定のトークルームを作って運営しています。
ギフテッドの子の子育ては、程度や状況は様々なものの、お子さまの特性が共通していることが多いため、共感し合えることが多いです。このコミュニティは、悩みごとを相談してみたり、ちょっとした発見を共有したり、気軽な情報交換の場を目指しています。社会人スタッフも参加し、一人ひとりのちがいを尊重し、安心できるコミュニティ運営を心がけています。

親の会の開催

Slack上のオンラインコミュニティでのやり取りに加え、実際に保護者様同士で会話ができる機会も月に1回作ります。主にオンライン上で開催するので、全国どこからでもご参加いただけます。

お子さまの年齢が近い方同士でのグループワークや、お悩みごとが共通する方同士でのグループワークなど、保護者の方のニーズに合わせて内容を作っていきます。

お子さま向け

「できる~む」を通したお子さまの居場所支援

オンライン上にバーチャル空間「できる~む」を開設し、週に2回、火曜日と金曜日の17時~18時に自由開放を行います。自分のアバターを自由に動かしながら、そこにいる大学生スタッフや子ども同士での会話を楽しむことができます。夕方の忙しい時間帯に、保護者の方の代わりに子どもの話をたくさん聞いて、認めてあげられたらと思って作ったサービスです。

大学生メンターによる1対1のかかわり

お子さまと気が合いそうな大学生スタッフを「メンター」として、1対1での対話の機会を作ります。毎回45分間のオンラインでの対話を通して、お子さまの「好き」を認め、さらなる成長をサポートします。

45分間をどんな風に過ごすかは、保護者の方と相談した上で個別プランを作り、決めていきます。お子さまの特性や保護者の方の願いを踏まえて、お子さまと関わっていきます。

一人ひとりのペースでの学習サポート

個別メンタープランにお申込みされた方は、無学年式教材「すらら」をご家庭で利用することができます。小学校~高校までの5教科の範囲を学ぶことができ、学年に縛られずにお子さまのペースに合わせて学習を進めていくことができます。個別メンターの時間に、学習の進捗を確認して一緒にスケジュールをたてていくような支援も可能です。

プラン一覧

【5月無料モニター募集中】

親同士・子ども同士のつながりを作りたい方へ
コミュニティプラン
  • 保護者用オンラインコミュニティSlackへの参加
  • オンライン親の会への参加(月1回開催)
  • 子ども向け「できる~む」への参加(毎週火曜日・金曜日17時~18時自由開放)
Coming Soon 6月以降申込開始予定

「好き」を応援するメンターとお子さまを出会わせたい方へ
個別メンタープラン
  • 専門職スタッフとの初回面談(※1)

+

  • 大学生メンターとのオンラインでの対話(1対1、1回45分)
  • 無学年式学習教材「すらら」の利用
  • お子さまの様子レポートの提出(月1回)

(※1)個別メンタープランに入会いただく前に、専門職(佐藤または伊藤)が一度保護者の方と面談をさせていただきます。日々のお子さまの様子、保護者の方のお悩みなどを元に、頻度や内容を決めていくことを目的としています。面談の結果をもとに、月額利用の有無を検討していただいても問題ございません。

※保護者の方が、就学援助の対象となる「要保護者・準保護者」に該当する場合、お子さまに「できる~む」と月4回の個別メンタープランの利用を無償でご提供いたします。個別にお問い合わせください。経済的に困窮しているが、国籍の問題等で該当していないなどの場合も個別にご相談ください。

お申込み

2022年5月はコミュニティプランの試験運用期間として、無料でのモニター利用のお申込みを受け付けております。

モニターの方々には、5月末に、サービス利用の感想を記載するアンケートにご協力をお願いいたします。
イベント等への参加の有無は問いませんので、ご自身のペースでご利用いただければ大丈夫です。

個別メンタープランについては、6月頃のサービス開始を予定しておりますので、もうしばらくお待ちください。

スタッフ紹介

医師や大学講師といった専門性を持つ支援者と、教育に想いのある大学生が一緒に運営を行っています。
以下、メンバーの一部をご紹介します。

佐藤 駿一

精神科医。東京大学精神神経科所属。
大学病院や、地域の発達クリニック、こども発達支援センターなどで勤務。(※勤務地は、当サービスとは関係ありません。)

伊藤 駿

広島文化学園大学専任講師。
大阪大学大学院人間科学研究科修了。博士(人間科学)。日本学術振興会特別研究員、英国ダンディー大学研究員等を経て現職。専門は特別支援教育、インクルーシブ教育、比較教育学。

村上 詩織

広島文化学園大学 大学院修士1年。子ども学専攻。学部時代は植物と動物の共生関係を専攻。主に、ギフテッドの子どもたちを対象にした「できる~む」の運営を担当しています。

中村 歩

慶應義塾大学大学院経済学研究科修士2年。教職課程履修中で、ROJE内の別プロジェクトにて中学校への訪問授業を実施。主に子どもたちに向けたイベント企画等を担当しています。

小池 優希

東京大学教育学部教育心理学コース3年。ギフテッド特性を持つ当事者であり、高校時代に東大主催「異才発掘プロジェクト(ROCKET)」スカラー候補生としての活動経験を持つ。子どもたちとの関わり合いのほか、ギフテッドについての広報・発信活動を担当しています。

お申込み

2022年5月はコミュニティプランの試験運用期間として、無料でのモニター利用のお申込みを受け付けております。

モニターの方々には、5月末に、サービス利用の感想を記載するアンケートにご協力をお願いいたします。
イベント等への参加の有無は問いませんので、ご自身のペースでご利用いただければ大丈夫です。

個別メンタープランについては、6月頃のサービス開始を予定しておりますので、もうしばらくお待ちください。

よくある質問

お問い合わせ

NPO法人ROJE
ギフテッドプロジェクトsprinG 運営事務局
gifted.mgt@roje.or.jp
または公式LINEまでご連絡ください。

利用規約

運営団体概要

プライバシーポリシー

特定商取引法上の表記

協力企業の募集について(準備中)

© 2022 ROJE All Rights Reserved.