学生事務局紹介 九州


九州学生事務局の活動方針

Vision

教育を通してよりよい社会を構築する

Mission

継続的に当事者意識を持って活動する

連携を取りながら主体的に行動する

視野を広げて多様性を理解する

▷設立に当たって込めた思い

 「社会問題は教育を変えることによって変えられる。」

教育学部か否かに限らず、教育に関心のある人や熱い思いを持つ人が集う場の設定にこだわって九州事務局を設立しました。1人ではできないことも、3人寄れば文殊の知恵 ということわざがあるように、力を合わせればできないことなどありません。

設立に当たり、関東関西に比べて九州は個々の県が大きく、メンバー同士に距離があるためなかなか活動できないのではという課題もありました。しかし、現在、月に2回行われるオンラインミーティングではそんな距離をものともしないような白熱した議論が交わされます。

▷活動しているプロジェクト

EDUPEDIA

たんぽぽプロジェクト

 

事務局長の紹介

▷プロフィール

名前 山崎 宏志

大学 鹿児島大学

所属 農学部 生物生産学科

学年 3

▷所信表明

時代にあったものを

私の想いを一言で言うと、「当事者意識をもつ」に尽きます。

現在の世の中は大きく変化しており、これからもさまざまな変化が起こると想定されます。そして、その変化によって生まれる問題があります。変わる環境、変わる問題に合わせ、必要とされるものを生み出すことこそ、私達がやらなくてはならないことだと考えております。

つくる

ROJE九州は2年目を迎えました。まだ若い団体であるため、実行することのほとんどが私達にとって新しいことです。新しいことに恐れず進み続ける、そんな組織をつくっていきたいと考えています。

人の輪を大切に

ROJE九州は、理事の方をはじめ、ROJE関東、ROJE関西など多くの方々に支えてもらっています。

そしてこれから活動をしていく中で、さらに多くの人達の協力を得ることになると思います。私達は、そういった多くの人達の支えや協力に対する感謝の気持ちを忘れず、これからも活動していきます。これからもご支援を宜しくお願い致します。

アーカイブ

ページ上部へ戻る