学生スタッフ募集 プロジェクト


プロジェクトには主に学校ボランティアプロジェクト・EDUPEDIA・高校学習支援プロジェクト・教育対話がある他、短期の五月祭二本松プロジェクトがあります。
ROJEの活動そのものであるこれらのプロジェクトは様々な形で団体の目指す
「教育活動のベストプラクティスを創造・発掘・発信」を実践しています。
どのプロジェクトも普段の大学生活では得ることのできない経験や学びにあふれた、
魅力ある活動ばかり。
運営部の活動との両立も可能です。
「教育に興味がある」
「今の教育現場を見てみたい」
「大学生として教育に関わりたい」
「同じ志を持つ仲間と活動してみたい」
方、ぜひ1度ミーティングに来てみてください。

≫興味のある方、質問のある方はお問い合わせフォーム

学校ボランティアプロジェクト

VP

?活動内容
学校ボランティアには活動を運営する学生スタッフと
学校で実際に活動するボランティアがいます。
ボランティアについての詳細、申し込みはこちらから。
こちらのページでは運営スタッフの募集を行います。
活動をスムーズに行い、プロジェクトを向上・発展させていくために
運営では主に次の4つの活動を行っています。

①【広報班】より多くのボランティアを募集し、獲得するための広報活動
②【事業班】より良い活動に向けた、学校・学校に通うボランティアとの
連絡やボランティアを対象にした研修会・交流会の実施
③【運営班】組織の成長を目指した、合宿・勉強会・面談等の企画
④【会計班】安定した活動を行うためのファンドレイジング・資金管理

?活動頻度
毎週日曜日10:00~13:00事務所にて

?人数
約15名

?得られる能力
イベントの企画・広報・ファンドレイジングを通して社会人スキルを
身につけたり、学校の先生との連絡・研修会の企画を通して
教育について学んだりすることができます!

?VP運営の魅力
①いきいきとした議論!
②組織についてROJE内で一番学べるのはVP運営!
③強い仲間意識!
言葉では分からないので、是非ミーティングに来てみて下さい!
きっと、いいなと感じていただけるチームだと思います!

?よくある質問

Q.ボランティアに通うと必ず運営として活動しなければいけないのですか?
A.必ずしも運営として活動しなくても大丈夫です!
興味を持たれましたら、是非一緒に活動しましょう!

Q.運営の人は全員ボランティアに通っているのですか?
A.全員ではありません。
勿論、ボランティアとして通っている方もいますが、
元々通っていた人や通っていない人もいます!

Q.何か必要なスキルはありますか?
A.特別なスキルは必要ありません!
メンバーも最初はできないことばかりでした。
やってみたいという気持ちがあれば大丈夫です。
必要なスキルは運営内での勉強会で学ぶこともできます!

?メンバーから一言
運営の様々な取り組みが、学校やボランティア、その先の子どもを支えています。
VPの成長に関わる中で、自分の「できる」も増やせること間違いなしです!

 

 

EDUPEDIA

 

?活動内容
webサイトEDUPEDIAを通じ全国各地の先生、サークル、出版社、
教育委員会、その他教育関係者のすばらしい情報や知識を共有することで
子どもの未来に関わる先生方を支援する
先生への取材、記事作成、WEBサイト運営 ⇒活動の詳細はこちら

?活動頻度
EDUPEDIAの運営mtgを毎週土曜日の午前中に行っています!
渋谷、早稲田、学芸の3つの拠点で活動しており、
活動は参加者が行ける日を確認しながら流動的に行っています。
また、活動はネット環境さえあれば、いつでもどこでもできます!
名古屋にもメンバーが一人いますが、連絡をとりながら活動できています。

?人数
関東25名、関西10名
メンバーがそれぞれ連絡を取り合いながら、一緒に活動しています!

?こんな人に向いています
EDUPEDIAでは先生方との取材を通して、教育を考えていきます。
様々な先生方とのつながりを得ることで自分の興味分野だけでなく、
新しい教育の魅力が発見できます!
また運営では、ユーザーの立場に立ち新しい機能を考えることで、
よりよいWEBサービスを提供していきます。
教育に興味のある方や新しいものに挑戦してみたい方だけでなく、
様々な先生の取材をしてみたい、学生時代にお世話になった先生に
恩を返したいと思ったらぜひご連絡ください!

?得られる能力
EDUPEDIAの活動は量と質を保つことで、自身の財産になります。
そして、個性的な仲間たちと活動しながら、学生らしい一面も楽しめます。
取材では、一人一人の先生の指導の工夫や、子どもたちとの接し方、
目指している教育のあり方など様々なお話を聞いたり、
時には先生たちの指導を実際に見学したりすることもできます。
企画の立て方・進め方に関しては社会人の方にアドバイスいただきながら、
他の企業やサービス運営者との渉外なども経験できます。
運営部としては、広報部での広報宣伝のイラストのデザイン、
人事部でのマネジメントやお楽しみ会の立案などを行っています。

?よくある質問
Q.取材って緊張しないですか?
A.もちろん、緊張します笑
最初は先輩と取材に行くなどのサポートをしますので安心してください。

Q.記事を書くのは難しくないですか?
A.みんな最初は記事を書いたことがありませんでした。
パソコンの使い方から連絡の取り方、記事の書き方までなんでも教えます。
なので、初心者でパソコンができなくても大丈夫!
むしろチャンスと思ってください!

?メンバーから一言

私たちの活動は、頑張る先生の力となり、子どもたちの笑顔につながります!
ぜひ一度、mtgにいらしてください。
魅力的なメンバーがお待ちしてます☆(山下麻衣)

EDUPEDIAは全国の先生の素晴らしい実践を発信しているサイトです。
現場の先生と関わるのはとても楽しいですし、
その中で自分も大きく成長できました!
ぜひ一緒に楽しみましょう!!(宇野元気)

学校の先生と知り合いたい!
教育について語りたい!
社会人の方とお話したい!
新しいことに挑戦したい!
子どもの笑顔をもっと増やしたい!
とびっきり素敵な仲間に出会いたい!
たくさんの「やりたい」がEDUPEDIAでは実現できます。
挑戦にあふれた毎日を一緒に送りましょう!(陣内萌)

EDUPEDIAでは実際に教育が行われている現場、
教室に取材にいってリアルな教育を学ぶことができます。
大学の授業にはない、実践的な知識が身につけらるので、
将来教員になる人にとっては最高の環境ではないでしょうか。
取材で知り合った先生と飲みにいくようなメンバーもいます笑
もちろん、いきなり一人で取材するのは難しいので、
先輩が優しく教えてくれます。
勉強会などメンバー間での交流もありますよ^_^(徳川龍一)

最後に踊る大捜査線より、織田裕二のの名言を。
「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場でおきてるんだ!」
一緒に活動できるのを楽しみにしています!

EDU

教育対話プロジェクト

 

?活動内容
大学生と教育に対する有識者が、教育現場へ向けて教育問題の見方・考え方を発すべく全力で対談します! ⇒詳細はこちら
一回の対談は主に以下のサイクルで行います。おおむね1ヶ月以内に終わります。

①3回の勉強会
対談予定日1ヶ月前より、主に平日は夜、休日はこれに午前・午後も加えて、メンバー(3~4人)の予定を調整して開きます。
②対談
主に90分ほど、対談者の方とテーマの教育問題についてとことん話します
③文字起こし
対談を終えた後1週間以内に、ガイダンスを兼ねて開きます。

【対談参加】

?活動頻度
1サイクル1ヶ月間で計5回

?人数
毎回募集(一対談3~4名ほどの少数精鋭で臨みます。)

?こんな人に向いています
・教育の問題について、とことん考えている人
・教育各分野の第一人者と、とことん話してみたい人
・ROJEというNPOに興味がある人

?得られる能力
・3つの社会人基礎力のうちの「チームで働く力・チームワーク」
・取り扱った教育問題についての広く深い知識と意見
・人と話し、意見を交換できる技法

【運営】

?活動頻度
毎週土曜13:30~16:30
プロジェクトの今後の方針や各種意思決定を行っています。

?得られる能力
3つの社会人基礎力のうちのすべて。
①前に進む力・アクション
②考え抜く力・シンキング
③チームで働く力・チームワーク
・人を成長させていく力
・シゴトを効率よくこなしていく力
・一生涯の仲間!!

?こんな人に向いています
・新しいプロジェクトのスタートダッシュをやってみたい人
・柔軟かつ大胆に物事を考えられる人
・メンバーの成長に共感できる人

?よくある質問
Q.教育のことについてまったく知らないのですが・・・
A.大丈夫です!
知っている分に越したことはないですが、勉強会を進める過程で、
メンバー全員で取り扱う教育問題について調べていきますので、心配ありません。

Q.話すのが苦手なのですが・・・
A.大丈夫です!
私たちの用意しているプロジェクトは、3回の勉強会がとても充実しています。
この過程で、話す・聴く技術を身につけることができます。

Q.けっこう普段、忙しいのですが・・・
A.大丈夫です!
対談の1スパンは、5週間の中で5回集まる時間が取れれば参加できます!
お手すきのときに、ROJEのHP内「お問い合わせ」からでも
かまいませんので、ぜひお声をおかけください!

Q.対談したい人・対談に紹介したい人がいるのですが・・・
A.ありがとうございます!
検討させていただくので、ROJEのHP内「お問い合わせ」よりご連絡ください!

DSCF0319[1]

五月祭

 

?活動内容
東京大学本郷キャンパスで行われる文化祭のことです。ROJEでは毎年ここで登壇者の方をお呼びして、あるテーマについてフォーラムを開いています。2011年は震災×教育、2012年は家庭×教育、2013年は「インクルーシブ教育」、中でも特に発達障害といじめについて中心にフォーラムを開きました。⇒詳しくは2013年の報告ページもご覧ください!

?活動頻度
昨年度は、春休み中週に2?3回
役割ごとに分かれたミーティングとなるので,日程もあわせられます。
具体的な活動は、振り返り・反省を含め、1月?6月頭くらいです。

?人数
実際にコアに関わる人は、10?15人程度。
当日に近づくにつれ人も増えていき、当日は100人を越えます。

?こんな人に向いています
仲間とともに何かやりたい
・教育問題について、深く議論を交わしたい
・デザインが好き
・細かなところまで気配りが出来る人

?得られる能力
・プロジェクトマネージメント
・チームビルディング
・500人以上もの人を呼ぶための広報
・多くの人を動かす
・多くの人とともに作り上げた達成感

?よくある質問
Q.何月が一番忙しいですか?
A.本番直前の4,5月が一番忙しいです。
2,3月は、大学生は休みの人が多いので、余裕を持って活動出来ます。

Q.ROJEの他のPJに入っていなくても出来ますか?
A.出来ます!
昨年度も2人、2月から入り、五月祭フォーラムだけをやる人がいました。

?メンバーから一言

より多くの人と一緒にフォーラムを作り上げることを楽しみにしています!
一度、見学にだけでも来てみてください。

rojemayfes1

アーカイブ

ページ上部へ戻る