【新歓2018】メンバーの声


(早稲田大学文学部・3年)
ROJEではつぼみプロジェクトに所属しています。
去年の夏のスタディツアーでは探検企画の内容をメンバーと共に考えました。
子どもたちが過ごす3日間をより良いものにするために議論を重ねたり、実際に企画場所に足を運んでみたりする日々は大変ではありましたが、他の大学生活では得られない体験になりました。

教育学部ではない私でも、他大学・他学部の学生から刺激を受けつつ、自分の専門を活かせる場面もあります。
そうして日々学生同士で高め合うことができる環境にいられることは、大学生活の中でも貴重です。
自分のできることを広げながら今後も活動を続けていきたいと思います。
続きを読む

 

(お茶の水女子大学・3年)
学校ボランティアプロジェクト リーダー
実際に学校という教育現場に入ってみると、活動の中で様々な「出会い」があることに気付きました。
子どもたちや先生方との出会いはもちろん、子どもの「できる」との出会い、子どもの新しい一面との出会い、さらにはそれをサポートしている自分自身との新しい出会い…

毎回の活動を通してそのような「出会い」を積み重ねていくうちに
ボランティアの活動開始時よりも幾まわりか成長した自分と「出会う」ことができます。
続きを読む

 

(早稲田大学教育学部・3年)
関東学生事務局長
僕はROJEというこのNPO法人の最大の価値は、真の教育のプラットフォームになり得る可能性を秘めていることだと思っています。
プラットフォームにも様々な意味はありますが、ここでは特に土台という意味合いを強く含ませているつもりです。

学生や社会人が立場に関係なく集い、協働し高め合うことで
やがては日本の教育をより良い方向に導いていけるような人材を輩出していく。
そのような日本の教育の土台となれる場こそが、このROJEだと思うのです。
続きを読む

アーカイブ

ページ上部へ戻る