今年も開催決定!
ROJE五月祭教育フォーラム2019

 

今年のテーマは

”教育改革”のその先へ 〜新時代に求められる人物像とは〜

 

申込みはコチラ

 

科学技術の発展により、人工知能(AI)の研究開発が加速することで、私たちの暮らしは豊かなものになると考えられています。

一方で、2045年にはシンギュラリティ、つまり人工知能が人間の脳を超える時点に到達すると言われています。そのため社会は大きく変わり、これまで人間にしかできなかった多くのことが機械によって代替されると予想されています。

 

こうした社会の変化に対して、現在の教育には何が求められているのでしょう?
思考力や表現力、語学力を高いレベルで測るための入試改革
学びの場におけるICT(情報通信技術)の導入やEdTechの普及
高等教育の場で専門的な知識や技術の習得を目指す専門職大学の登場
など、新たな時代に対応するため様々な変革が求められています

 

これからの社会ではどのような人材が必要とされるのでしょうか?
そうした人材を育てるためにはどのような教育が求められてるのでしょうか?
また、この急激な社会変化に教育は何ができるのでしょうか?

 

当フォーラムでは基礎を重視した独自の教育方法で学力を伸ばす元現場教員・教育行政のスペシャリスト・ICTに精通している大学教員・現役の敏腕中学校校長といった様々な分野で教育に向き合うゲストをお招きし、「新時代に求められる人物像とはどのようなものか」「そのために教育はどのようであるべきか」について熱く議論します。

 

平成という時代が終わりを告げ、新時代が始まろうとしています。私たちが新時代の荒波を越えていけるかどうか、それは教育にかかっていると言えるかもしれません。

 

✔現職教員の方
✔教育行政・企業にお勤めの方
✔将来教員を目指している方
✔学校に通うお子様がいる保護者の方
✔教育に興味のある方

など、参加されるそれぞれの立場から「新時代の教育」を考えませんか?

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

申込みはコチラ


【日時】 5月19日(日) 14:00~17:00

【場所】 東京大学 本郷キャンパス

【参加費】 無料

 

【登壇者】 (五十音順・敬称略)

 

隂山英男 (Hideo Kageyama)
陰山ラボ代表/一般財団法人基礎力財団理事長

工藤勇一 (Yuichi Kudo)
千代田区立麹町中学校長

鈴木寛 (Kan Suzuki)
東京大学教授/慶應義塾大学教授

中村伊知哉 (Ichiya Nakamura)
慶應義塾大学教授/i専門職大学学長(就任予定)

 

申込みはコチラ

 

最新情報は以下からご確認ください。

 

お問い合わせ

五月祭教育フォーラムに関するお問い合わせはコチラ
roje.mayfeseduforum@gmail.com
追って担当者より連絡させていただきます。