五月祭教育フォーラム2017のご報告


5月21日(日)東京大学の学園祭『五月祭』にて五月祭教育フォーラム2017を開催しました。
登壇者として石川一郎氏、陰山英男氏、鈴木寛氏、山内太地氏(以下50音順)をお迎えして開かれた
フォーラムは、例年以上に多くの方にお越しいただき、大変な盛り上がりを見せました。

 

◎第1部 基調講演

第1部は石川一郎氏、山内太地氏より「大学入試改革」についてご講演いただきました。
石川氏からは実際過去に出題された大学入試問題を使いながら「入試がどう変わっていくのか、わたしたちはどのように変化に対応していけばよいのか」についてを。また、山内氏からは「大学入試改革の全貌」についてをお話しいただきました。
今の日本の教育の現場に切り込む鋭い発言に、会場が大きくわく場面も見られました。

 

◎第2部 パネルディスカッション

石川一郎氏 × 陰山英男氏 × 鈴木寛氏 × 山内太地氏 × 学生

|参加者からの質問に答える鈴木氏

第2部では4名の登壇者と学生登壇者の毎田優によるパネルディスカッションを行いました。
セッションは白熱する場面もあり、来場者は議論に聞き入っていました。
フォーラム終了後は来場者から登壇者へ直接質問をぶつける時間を設けました。
ただ講演を聞くだけでは得られない、新たな知見や体験を得ることができたという感想を参加者からいただくなど非常に好評でした。
3時間のフォーラムを通して約600名の方にご来場いただき、フォーラムの満足度は97%にまで登りました。

 

また、朝日新聞にてフォーラムの様子を取材・掲載していただきました。
今最も注目を集めている教育テーマの1つである「大学入試改革」を切り口に今の教育に斬り込むフォーラムの様子が新聞、web上にて紹介されております。

朝日新聞デジタル版はこちら!▶︎▶︎▶︎ https://goo.gl/v5ENRR

 

◎来場者アンケートより

ー(20代 女性)教師を目指す者として、どのような授業を実践してみたいかを考え直そうと思った。
ー(50代 男性)子どもの言葉に耳を傾けるようにしていきたい。

約300名の方から回答をいただきました。アンケートでいただいたご意見は今後の活動の参考にさせていただきます。
回答頂いた皆様、ありがとうございました。

 

◎ROJEでは一緒に活動するメンバーを募集しています

新歓説明会は終了しましたが、説明会に参加頂けなかった方にも個別に対応をしております。ROJEでの活動に興味を持った方はこちらからお問い合わせください!▶︎▶︎ お問い合わせフォーム

 

NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)はこれからも活動を続けてまいります。
今後ともどうぞROJEをどうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ

ページ上部へ戻る