▷関西学生事務局の活動方針


◎10年後を見据えた組織基盤の構築

ROJE関西は設立されてから10年を超えました。
次の10年に向けて教育界の変化に適応した価値を創出することができる団体を目指すと共に、メンバーが卒業などで入れ替わっても変わらず価値を生み出せる団体を持続することを目指して内部環境の整備にも取り組んで参ります。具体的には下記の2点に力を入れて活動します。

○10年後を見据えた活動の展開

時代が進むにつれて教育現場の抱える問題や、社会からのニーズも変化していきます。弊団体も今年度から防災教育に取り組むわたげプロジェクトが発足しました。近視眼的な活動に追われすぎることなく、変わりゆく教育現場の問題やニーズを見逃さないように、メンバー間での勉強会や議論を行う場を増やし、プロジェクト活動を通じて外部への発信も行なっていきます。

○10年後を見据えた組織運営

ROJE関西が10年後も社会に対して価値を発揮できる団体であり続けるために、持続可能な組織づくりにも取り組んで参ります。
広報課や会計課などとの連携だけでなく、関東・広島の事務局や理事会との連携も密に行い、関西だけでなくROJE全体に関わる意識決定にもより関わっていけるように活動を進めます。

▷活動しているプロジェクト

イベント企画VARY

先生のための教育事典EDUPEDIA

中高まなびプロジェクト

災害と教育事業部わたげプロジェクト

関西教育フォーラム

 

 

事務局長の紹介

▷プロフィール

名前 華輪匠眞

大学 同志社大学

所属 政策学部

学年 2年生

▷所信表明

ROJE関西の最大の魅力は、「教育に対する熱い想い」を持つ仲間が集まって活動していることです。
そんな仲間たちの想いが1つでも形となるように、事務局長として組織基盤の形成や内部環境の整備に力を入れて参ります。