【関東】五月祭教育フォーラム活動概要


五月祭教育フォーラムの紹介

▷活動内容

毎年、東京大学五月祭にて、各教育関連分野の専門家を招き、「ROJE五月祭教育フォーラム」を開催しています。このフォーラムを通じ学生や現場の先生方、さらにその他の幅広い方々と共に教育問題について理解を深め、さらにここで得た知見を発信する事で、教育現場への還元を行います。

▼これまでのテーマ

開催年 テーマ
2017

大学入試改革!問われる新たな能力 〜現場と家庭は何をすべきか〜

2016

学校の役割を問いなおそう-公教育が「商品」に!?-

2015

21世紀の教育格差

2014

「グローバル化時代」の日本の教育~変わる世界で、変える人に~

2013

教室の今と未来~いじめ・発達障害の視点から~

2012

教育×家庭~みんなで支える家庭教育~

2011

教育×震災~今、私たちにできること~

2010

東京大学五月祭教育フォーラム2010―学校大公開時代―

2009

 いま必要な学びとは?

2008

 みんなでつくる教育2.0

2007

 僕たちの教育再生会議

2006

教育フォーラム2006

▷これまでに行った大きなイベント

ROJE五月祭教育フォーラム(10年以上の歴史があります)

2017年度は来場者数が過去12年間で最多600人以上を記録し、フォーラムは多くの人の注目を集めました。

▷活動頻度(現在のミーティングの日程)

基本的に週一回、毎週土曜18:00からミーティングをしています。

▷参加しているメンバーの人数

五月祭2017中心メンバーは15人で活動しています。中心メンバーだけではなく当日には当日スタッフとして ROJE東西九から多くのメンバーが参加します

▷こんな人に向いています!

協賛企業から多額の協賛金を調達してイベントの企画運営を行います。

豪華なゲストと登壇し、当日は全国のROJEメンバー100人以上をマネジメントします。

大きな事をやり遂げる事にやりがいを感じ、責任感とやりがいを感じられる人に向いているかもしれません。

▷得られる能力など

年度によって異なりますが、PL(各部署横断して最終的な意思決定を  する)、PM(スケジュールやmtg運営など、プロジェクト全体のタスクマネジメント)、企画、広報、演出、渉外、人事、会計、会場運営、受付など、さまざまな役職があり、リーダーとして他の人を引っ張るポジションにつく事が多いです。その年のテーマへの知見が広がる事はさることながら、業務内容ごとに専門的なスキルが身に付きます。

 

よくある質問

Q.自分にそんなに事が出来る自身がないです。

A.はじめは皆そのような気持ちでした。やっているうちに自信をメキメキつけて本番を迎えます。まずは話を聞きに来てみてください!

Q.私もPJに加入したい!

A.そんな意気込みのある方と一緒に頑張れるのは光栄です!ぜひこちらのお問い合わせフォームまでご連絡ください!

Q.どれくらいの忙しさですか?

A.役割に応じて違いますが、週1回のmtg2~3時間と、自宅での作業3時間週に5時間程度を見積もって頂ければいいかと思います。

Q.どんな人がメンバーなのですか?

A.東大以外にも、早稲田などさまざまな大学のメンバーが集っています。

Q.活動場所は東大ですか?

A.基本的には御茶ノ水・神保町にある事務所でミーティングを行います。

HPページリンクSNSのリンクなど

2016年度HP

http://mayfes-edu-forum16.wixsite.com/mayfes-eduforum16

2017年度HP

https://rojemayfes.wixsite.com/mayfes-eduforum

その他、一言など

ROJEの中でも特に大きなイベントになります。やれば一生の経験になること間違いなしです。何か大きなことをしたい、教育問題に興味がある、圧倒的成長を遂げたい、そんな人は特にお勧めします。

共に最高の五月祭を作り上げましょう!

アーカイブ

ページ上部へ戻る