【関西】高校学習支援プロジェクト活動概要


高校学習支援プロジェクトの紹介

▷活動内容

大学生が高校の授業を主催し、先生と生徒や親のと生徒といった関係とは異なる、いわゆる「ナナメの関係」を大切にして、高校生の主体的な学びを育んでいます。

▷これまでに行った大きなイベント

日にち おこなったこと
2015年7月 進路選択に関する高校生向けイベント(共催: グローカル人材開発センター)
2016年9月〜  京都市内の通信制高校での授業の主催(月に2回の頻度)

▷活動頻度(現在のミーティングの日)

基本的に週1回メンバー全員が集まってミーティングを行なっています。

▷参加しているメンバーの人数

21名

(1回生 8名、2回生 6名、3回生 4名、4回生 2名、院生 1名)

▷こんな人に向いています!

・高校のみならず、学校の先生になりたいと思っている人

子どもが好きで、実際に関わってみたい人

実際に授業を作成し、それを生徒に届けたいと思っている人

▷得られる能力

生徒との対話を重視した授業を行うので、授業運営のみならず、ファシリテーション能力誰とでも打ち解ける力を育めると確信しております。

よくある質問

Q.高校での授業が平日の昼間で参加できない…それでもPJ加入は可能?

A.授業作成は普段行うミーティングで取り扱うので、そちらでの活動が可能です。実際に、大学の授業に忙しい1回生は授業作成に積極的に関わってくれています

HPページリンクSNSのリンク

HPリンク:http://kyouikusaikou.jp/activity/koukoukansai/

Twitter:https://twitter.com/rojekansaikouko

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る