【関西】放課後ボランティアcomp活動概要


放課後ボランティアcompの活動紹介

▷活動内容

放課後ボランティアcompは、「ボランティアを日常の一コマに」をキーワードに、地域のさまざまな人との触れ合いの中で子どもが育っていける社会の実現を目指し、ボランティアの輪を広げていくプロジェクトです。関わり方は大きく2つあります。

①ボランティアとして関わる

児童館や学校、公民館などに行き、子どもと関わるボランティアをします。子どもたちと一緒に遊んだり、勉強を教えたり、部活を見たり…

ボランティアが初めてでも大丈夫。スタッフがボランティアを始めたい気持ちを応援し、サポートします。

★ボランティア説明会を随時実施中!★

「ボランティア始めてみたいけど、何からすればいいのか分からない…」

という方は、一度ボランティア説明会に参加してみてはいかがでしょうか?ご希望に合わせて随時実施しています!!現役ボランティアメンバーに不安や疑問をぶつけてみてください。

【個別説明会のお申し込みは、以下の申し込みフォームから!】

▷▶︎ https://goo.gl/forms/eRD3TGlkbMZp8v1L2 ◀︎◁

②プロジェクトスタッフとして関わる

ボランティア先でのボランティア活動に加え、みんながボランティアに参加しやすくなるように、きっかけづくりや、これからボランティアを始める・続ける人へのサポートをします。

具体的には、

・ボランティア説明会の実施やボランティアさんのメンター役になることにより、ボランティアさんとボランティア先とをつなげる

・ボランティア先にてイベントを定期的に実施

・放課後ボランティアcompやボランティア現場を広報

・子どもと関わるうえでの知識拡充のための勉強会の実施

などといった活動をしています。

 

▷これまでに行った大きなイベント

<2015年度以前>

すごろく大会、グラウンドゴルフ大会、あみっこクラブ(手芸) など

<2016年度>

8月・・・サイエンスクラブ

11月・・・かみひこうき大会

12月・・・アコースティック音楽会、ドリームキャッチャーづくり

1月・・・ボランティア説明会 in京都

2月・・・万華鏡づくり

3月・・・マンドリン演奏会

 

▷活動頻度(現在のミーティングの日程)

毎週土曜日に開催(変更の可能性あり)

毎月1回メンバー同士の交流会も開催

※ボランティア先での活動は、メンバーそれぞれのスケジュールとボランティア先のニーズに合わせて行なっています。

 

▷参加しているメンバーの人数(2017年度)

2年生:5人

3年生:6人

4年生:1人

合計:12人

その他にもOBOGさんが活動に協力してくださっています。

 

▷こんな人に向いています!

◎ボランティアとして関わる

・子どもと関わるのが好きな人

・幼稚園、保育園、小中学校の先生を目指している人

・いろいろな大学の人と関わりながらボランティアをしたい人

◎プロジェクトスタッフとして関わる

・自分のボランティア経験を活かしたい人

・子どもの貧困問題に関心のある人

・イベントの企画をしたり、幹事役をするのが好きな人

・頑張る人を応援するのが好きな人

・ソーシャルワーカーや公務員を目指していて、学生のうちにコミュニティーワークの経験を積んでおきたい人

 

▷得られる能力

・発達心理や発達障がいに関する知識

・ソーシャルワーク能力

・企画立案スキル

・広報スキル

よくある質問

Q.学校ボランティアと学習支援ってどう違うの?

A.学校ボランティアは授業に入って先生の補助をしたり、部活の補助をしたり、放課後や休日に補習として勉強を教えたりします。学習支援では、放課後に学校の教室や近くの公共施設を借りて補習として勉強を教えます

Q.児童館ってどんな場所?

A.0歳~18歳までなら誰でも利用できる児童厚生施設の一つです。学童保育の場でもあるので、午後は小学生たちの放課後の居場所となっていることが多いです。

Q.ボランティアやミーティングにかかる交通費は支給されるの?

A.基本、compからの支給は行なっておりません。ボランティア先によってはボランティア先から支給を行なっているところもありますので、ご相談ください。

▷HPページリンク/SNSのリンク

・Twitter(活動の様子やイベント情報を更新中◎):@comp_rojekansai

アーカイブ

ページ上部へ戻る