目次

Q1.ご講演を終えられたご感想をお聞かせください。
Q2.二本松教育夏祭りにてご講演いただけた理由をお聞かせください。
Q3.ご講演の中で最も伝えたかったことはなんでしょうか?
Q4.最後に教育夏祭りに参加されていない方々も含め二本松の方々に一言お願い致します

インタビュー概要

①陰山英男氏

【陰山英男氏プロフィール】

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

1958年兵庫県生まれ。岡山大学法学部卒。兵庫県朝来町立(現朝来市立)山口小学校教師時代から、反復学習で基礎学力の向上を目指す「?山メソッド」を確立し脚光を浴びる。2003年4月尾道市立土堂小学校校長に全国公募により就任。百ます計算や漢字練習の反復学習を続け基礎学力の向上に取り組む一方、そろばん指導やコンピューターの活用など新旧を問わず積極的に導入する教育法によって子供たちの学力向上を実現している。2006年4月から立命館大学 教授(立命館小学校副校長 兼任)に就任。現在は、立命館大学 教育開発推進機構 教授(立命館小学校校長顧問 兼任)。他に、文部科学省・中央教育審議会 教育課程部会委員、大阪府教育委員会委員長にも就任。著書に「学力は1年で伸びる!」(朝日新聞出版)「若き教師のための授業学」(日本標準)「親が伸びれば子は伸びる」(朝日新聞出版)「?山メソッド 徹底反復 ニガテ  克服シリーズ」(小学館)他多数。

②山根遼介氏

Q1.ご講演を終えられたご感想をお聞かせください。

聞いている先生方一人一人のレベルが高いと感じました。僕の言葉に対してうなずきを返えしてくれていましたよね。おそらく既に授業でやっているからこその反応だとも思いました。

Q2.二本松教育夏祭りにてご講演いただけた理由をお聞かせください。

復興支援というのも当然ありますが、呼んでくれたから来ました。僕でもお役に立てるなら喜んで立ちます。基本的に来た仕事は断っていません。そこから新しい繋がりができますので。

Q3.ご講演の中で最も伝えたかったことはなんでしょうか?

「子どもを見る」ということです。

Q4.最後に教育夏祭りに参加されていない方々も含め二本松の方々に一言お願い致します

一緒に子供を伸ばしていきましょう!

?【山根僚介氏プロフィール】

山根僚介

1976年、広島県生まれ。鹿児島大学教育学部小学校教員養成課程を卒業後、広島県福山市立水呑小学校に赴任。2003年4月、公募により尾道市立土堂小学校に赴任し、同年、同じく公募により校長に赴任した?山英男氏のもと、「情報科」担当としてICT機器を活用した授業の開発・実践に携わる。その成果は、フラッシュ教材による基礎基本の確かな習得、タブレットPC(手書き入力パソコン)の活用による漢字習得率の向上など、多岐に及んでいる。現在は、福山市立日吉台小学校 生徒指導主事を務める。また、?山英男氏が代表を務める、『徹底反復研究会』の副代表も務める。教師としてのモットーは「克己復礼・忘己利他」。