教育対話プロジェクト


DSCF0319[1]

先行きが見えない混沌とした社会だからこそ、
未来作り=教育に対する関心は高まっています。
このような現代社会において大衆の目にさらされた教育現場では、
多くの「教育問題」が露呈しました。

わたしたちはどうするか。

私たちはなによりもまず、教育問題を正しく把握することが大切だと考えました。
メディアの切り取り方に左右されてはいけません。

加えて、教育問題を理解するだけでなく、行動することの重要さも痛感しました。
教育の現場において同じ時間は二度とめぐってこないからこそ
後回しにはできません。

わたしたちは教育現場に関わる全ての人たちと
知見豊かな教育の第一人者の方々の間に立ち
教育問題へのよりよい理解と行動を対談を通じて発信していきます。

?

バックナンバー(2011.9-2012.3)はこちら

アーカイブ

ページ上部へ戻る