活動概要



私たちのミッション

?ミッション図

「20世紀は機械の時代、21世紀は人の時代」

という言葉があるように、近年ますます進んでいるグローバル化や情報化社会は、
社会において求められる人材像を変化させました。
しかし、忙しい学校現場では社会の変化に瞬時に対応することが難しいのが現状です。
そうした現実と現代社会で求められている理想とのギャップを埋めるため、
私たちは「外部の支援者」として現場に直接入っています
現場の先生や生徒たちと共に考え、行動する中で、現状では十分に身につけることが難しい
知識基盤社会での学力の要素①~③※に対応した「学び」を見出そうとしています。
高校生と年齢的、心理的に高校生と近い身近なロールモデルとなることに私たち大学生が支援する意義があります。

※文部科学省 新学習指導要領より
①基礎的・基本的な知識・技能
②知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等
③主体的に学習に取り組む態度
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/gengo/1300857.htm

 

組織図

高校学習支援プロジェクトは佼成学園・聖学院の2つの提携校と 、活動をまとめる運営によって構成されています。

 

 

 

 

 

 

 

リーダーメッセージ

野見山写真野見山 敬介                   代表・早稲田大学2年

初めまして。本プロジェクトのリーダーを務めております、野見山 敬介(のみやま けいすけ)と申します。
人は日々勉強している分野も違えば、興味のあることも違う。さらに言えば経験した事もまるで違うでしょう。だからこそ自分自身が自分自身ではない相手に伝えられること、自分にしかできないことがあるのだと考えています。私たちのプロジェクトのメンバーは「教育」という観点から、各々が各々の意見を交換し合い、協力して、ときにはぶつかりあって生徒にとって価値のある授業とは何か日々模索しています。

??他のメンバー紹介はこちら

?活動内容

?活動に興味を持たれた方へ

アーカイブ

ページ上部へ戻る