交通安全プロジェクト


1 授業内容

班になって、生徒たちが学校周辺の交通安全上危険そうな場所を発見し、解決案をプレゼンしました。11149102_346099325595321_572849072_n

2 目的

・チームで一つの課題を設定し、その課題解決の方法を話し合い提案まで持っていく経験をする。

・身近な世界の小さな工夫やアイデアというものに気づく。

3 実際の流れ(全8回)

①4人程度の班になる

②それぞれ実際に駒込駅の周辺をフィールドワークを行い、「交通安全上危険そうな場所」を発見する

③各班ごとに見つけた危険そうな場所がどうやったら解決するかを班で話し合う(進行を大学生がサポート)

④解決案を1つ提案する

⑤そのメリットや逆にデメリットも考え、提案のプレゼンを作る

⑥区役所の方と警察署の方を学校へお招きして実際にプレゼンをする

4 大学生の役割11134313_346099332261987_714834096_n

授業全体の計画をしました。また、各班に一人必ず大学生が入るようにして、話し合いがそれたり、止まってしまうことを防ぐと同時に、より考えが深くするように質問をしたり、生徒たちの思考を促進したりもしました。

5 大学生の声

実際に、生徒たちが自分たちで課題設定から解決案まで、考える機会があるのはすごく重要だと思います。授業を通して、一つの成果物ができるという点もとても良いと思います。サポートに入るとき、答えになってしまうようなことを言ってしまわないように気を付けながら、彼らの話し合いを深めるのが難しくもあり、また面白いものでもありました。

アーカイブ

ページ上部へ戻る