【関東】11代目事務局長就任挨拶

11.05


こんにちは!

この度、2016年9月1日から一年間、11代目の関東学生事務局長を務めます、

早稲田大学 教育学部 2年

板野千咲(いたのちさき)と申します。

NPO法人ROJEの関東学生事務局にはEDUPEDIA・学校ボランティアプロジェクト・つぼみプロジェクト・高校学習支援プロジェクトの4つのプロジェクトがあります。

また、イベントとして五月祭教育フォーラムを年に一度開催しています。

学生事務局長はそこで活動する学生のリーダー・まとめ役となる存在です。

今回は就任のご挨拶として

1.どうして事務局長になろうと思ったか

2.事務局長になって何をしたいか

についてお話いたします。

1.どうして事務局長になろうと思ったか

「教育」へのさまざまな想いを抱いて、関東学生事務局では現在100人を超えるメンバーが日々活動をしています。

学生団体やサークル以上にNPOでの活動は、楽しいだけではありません。

ときに解決策が浮かばず、ときには自分が本当にやりたいものではないことをする必要もあり、現実と理想の板挟みで苦しい思いをすることもあります。

それでも、メンバーは真剣に社会の現状と向き合い、目の前の活動に取り組んでいます。

私は「一生懸命に活動しているメンバーが報われるように応援したい」と思い、事務局長になりました。

 

2.事務局長になって何をしたいか

私は「一生懸命に活動しているメンバーがより過ごしやすい環境をつくりたいと考えています。

より過ごしやすい環境は、メンバーの活動の質を上げることにつながります。

活動の質が上がれば、教育現場や社会により多くの価値を発揮することができます。

そのために今期は

・ROJEに足りていない「活動を円滑にすすめる仕組み」の構築

・プロジェクトの垣根を越えたメンバー同士の交流の促進

に取り組みます。

これからの活動については当ホームページや公式SNSで情報を発信していきます。

より多くの方にROJEを知っていただき、また応援していただけるNPOになれるように、日々活動していきますので、引き続きよろしくお願いします。

 

関東学生事務局長 板野千咲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る