関西教育フォーラム2015 コラム⑩ 郡山小学校見学レポート

11.20


ROJEホームページをご覧の皆様、こんにちは!広報担当の森田です。

関西教育フォーラムまでいよいよあと2日となりました!今回は、特別ゲストの西矢先生が勤務されている「茨木市立郡山小学校」を見学したメンバーによるコラムをご紹介します。郡山小学校ではどんな実践がされているのでしょうか。ぜひご覧ください。

______________________________________________________________

みなさんこんにちは。関西教育フォーラム総務部の大野です。雨続きの今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日ROJEのメンバー5人が茨城市立郡山小学校に見学に伺わせていただきました。郡山小学校は、かんふぉ当日に特別ゲストとしてご登壇いただく西矢先生が勤務していらっしゃる小学校です。今回のコラムでは、ROJEメンバーが一大学生として見て来た郡山小学校についてお伝えしたいと思います。どうぞ最後までおつきあいください。

教室に入ってまず目に入るのは、その特徴的な机の配置です。郡山小学校では、黒板の方へ口を開ける、三重のコの字型に机が並べられています。前方の黒板中央の椅子に座る先生と、それを囲む形でコの字に机を並べる子どもたち。さながら議会の様な机の並びです。先生が児童と同じ目線に合わせていて、児童を中心とした雰囲気でありながら、先生の方を向いて話を聞く空気ができていました。


この様に、授業開始時、机はコの字型に並べられていますが、授業内では3,4人で机をくっつけてグループで問題に取り組む機会がたくさんありました。グループ学習が盛んに行われているのを見て、自分たちが受けてきた教育とは違って新鮮だったとの声が多かったです。また、始まる前に、「わからないことがあったらまずグループの人に聞くんだよ」と指示したり、班の中央に置かれた筆箱を移動させたりして、グループ学習で重要となる児童同士の交流を促していたのが印象的でした。事前の声かけのおかげで、児童間でまず考える機会が確立されていました。


さらに、一つの教室に複数の先生がいたこともまた驚きでした。(見学に伺ったクラスでは、一クラスにつき3人の先生がいらっしゃいました。) 完全に動きが止まっている子どもの隣に先生の一人がフォローについている様子は、先生が複数人いることのよさを特に感じました。また、複数の先生の存在によって、より多くの児童の質問に対応することができていました。
今回紹介した以外にも、郡山小学校では様々な特色ある取り組みを行っています。ここでは大きく3つだけ取り上げます。

①指導の一貫性
中学生になった時、人間関係や学習面でのギャップに不適応を起こす生徒が多く見られるという「中1ギャップ」と呼ばれる現象があります。郡山小学校では、中学校区を一つとして、地域をも巻き込んだ取り組みが行われています。例えば私たちが見学に行った日に行われていたのは、中学生が小学校のグラウンドで小学生に部活動体験をさせてあげるというものでした。中1ギャップを埋める効果はもちろん、中学生の方にも年上としての自覚が芽生えるようで、どこか大人びて、誇らしげに見えました。

②学びルーム
郡山小学校には、放課後に子どもたちが先生に質問しながら宿題に取り組める部屋があります。支援の必要な児童から、より高いレベルの学びを目指す児童まで、毎日様々な児童でにぎわっています。

③多言語対応ルーム
様々な国の言語のあいさつが書かれたプリントが貼ってある部屋もあります。この部屋では主に、外国にルーツがあるなどの理由から日本語での授業についていくのに不自由のある児童への支援が行われます。

関西教育フォーラムでは、このように様々な工夫のこらされた郡山小学校の西矢先生に、特別ゲストとしてお越しいただきます!
どのようなお話が聞けるのか、主催者側の私も、とても楽しみです(*^^*)

 

______________________________________________________________

フォーラム概要

■テーマ:「教育格差」

■開催日時:2015年11月22日(日) 14:00~16:30(途中入退場可)

■場所:京都大学吉田キャンパス法経本館第七教室

■入場料:無料

■主催:NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)

■登壇者:?山英男氏(立命館大学教育開発推進機構教授・立命館小学校校長顧問・

     NPO法人日本教育再興連盟代表理事)

     若槻健氏(関西大学文学部准教授)

■特別ゲスト:西矢大亮先生(茨木市立郡山小学校)

■後援:京都府教育委員会

    京都市教育委員会

    文部科学省

______________________________________________________________

・参加申込はこちらのフォームからお願いいたします

※今回のフォーラムでは、事前に申し込みをしていただいた方の中から抽選で本を配布します!詳しくはこちら!

・フォーラムに関するお問い合わせは関西学生事務局(roje.kansai@gmail.com)まで

・関西教育フォーラムの詳細や登壇者の詳しい紹介についてはこちらからご確認いただけます!ぜひご覧ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る