関西教育フォーラム 昨年度(2014)の様子

11.10


ROJEホームページをご覧の皆様、こんばんは!
広報担当の森田です。
日に日に紅葉が色づき、秋が深まっていくのを感じております。いかがお過ごしでしょうか?

今回は、昨年の関西教育フォーラムの様子についてお伝えしたいと思います!

昨年は「グローバル化×教育」というテーマでの開催でした。くわしい講演内容などはこちらをご覧ください。
教育哲学者の苫野一徳氏、当団体理事の鈴木寛氏に登壇していただき、フォーラムはまずお二人の講演から始まりました。

鈴木氏には「グローバル化は遣唐使の時代から言われてきた、実は新しくて古い話」「すでにもの・金融などのグローバル化は進んでおり、今後は人や居住のグローバル化」「ものや人の移動の背景にあるのは、グローバル経済化であり、なんでも経済に組み込まれてしまう流れに危惧している」などの話をしていただきました。
苫野氏には、ご自身の専門である哲学の話から「一般化や問いのマジックに陥るな」、そしてそれをふまえて「多様な人たちがお互い認め合い、協働していくことがグローバル化において大切」「そのために学校教育の場が認められ、承認される場であること、対話型・共同型の学びを促進すること」の重要性についてお話いただきました。

9770_699671170140110_7044328851540925599_n

その後、学生登壇者を交えて講演をふまえたパネルディスカッションが行われ、「多様な人と共生するために必要な能力」「共生のために個人でできること」などのテーマにお答えいただきました。写真のとおり終始なごやかな雰囲気で議論が深まっていきました。

10407603_699670553473505_5201994538291223956_n

質疑応答の時間には多くの参加者の方から手が挙がり、活発な意見のやりとりがされていたことが印象的です。終了後のアンケートには「質疑応答の時間がもっとあればよかった」との声が複数あり、参加者の方の熱意と積極的な参加態度を感じることができました。さらに、9割の方からフォーラムが「有意義なものだった」との回答をいただきました。

このような昨年のご意見や反省をもとに、今年の教育フォーラムをよりよいものにしようと準備しております!たくさんの方の参加をスタッフ一同心待ちにしていますので、ぜひご参加ください!

 

______________________________________________________________

フォーラム概要

■テーマ:「教育格差」

■開催日時:2015年11月22日(日) 14:00~16:30(途中入退場可)

■場所:京都大学吉田キャンパス法経本館第七教室

■入場料:無料

■主催:NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)

■登壇者:?山英男氏(立命館大学教育開発推進機構教授・立命館小学校校長顧問・

     NPO法人日本教育再興連盟代表理事)

     若槻健氏(関西大学文学部准教授)

■特別ゲスト:西矢大亮先生(茨木市立郡山小学校)

■後援:京都府教育委員会

    京都市教育委員会

    文部科学省

______________________________________________________________

・参加申込はこちらのフォームからお願いいたします。

・フォーラムに関するお問い合わせは関西学生事務局(roje.kansai@gmail.com)まで!

・関西教育フォーラムの詳細や登壇者の詳しい紹介についてはこちらからご確認いただけます!ぜひご覧ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る