なぜROJEに入ったのか ~関西編

03.26


NPO法人ROJEホームページをご覧のみなさん、こんばんは!

関西学生事務局の宮嶋隼司と申します。京都大学文学部新2回生となりました。

 

本日は、東西リレー企画第一弾「ROJEに入った理由」を書くので、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

僕は、高校時代にはディベート部というかなりマイナーな部活に所属していましたが、大学では、「少し違ったこともしてみたい!」と思っていました。だから、色々なサークルや団体のビラを貰っていました 。

そんな時、偶然、大学のビラロードでROJEのビラをもらい、「教育NPO」という言葉に少し興味を持ちました。というのも、高校時代から教師に少し憧れており、また教育問題に関心を持っていたのです。

 

そこで、ROJEの新歓お花見や説明会、新歓ROJEclass(ROJEメンバーによる教育に関する勉強会)などに参加してみました。

 

それらイベントでは、ROJEの魅力をたくさん感じることが出来ました!

これから僕が感じたROJEの魅力を3つ紹介しますね!

 

ROJEの魅力1つ目は、「教育について語れること」です。

 

新歓イベントで、教育に関するテーマについて色々語り合ってみて思ったのは、「教育について語り合うことは楽しい!」ということです。多くの人が小中高と12年間、教育を受けてきて様々な経験をしているので、 みんなが教育について、それぞれ違う考え方 をしていると感じました。だから、メンバーが話していることを聞くのも楽しいし、自分の考え方を話すのもとても楽しいのです。

 

教育学部ではない僕にとって、大学生活に、教育を語り合う機会はありません。だからこそROJEは魅力的に思いました。

 

ROJEの魅力2つ目は、「ROJEの雰囲気」 です。

 

ROJEは、様々な大学に所属しているメンバーで構成されているため、交友関係が広がります。また、メンバーは、教育学部だけでなく、法学部、文学部、政策学部、社会学部などといった色々な学部・学科に所属しています。さらに、個性豊かなメンバーがいたりなど、とてもあたたかく、楽しく、賑やかな雰囲気です。

 

もちろん楽しそうだとも思いましたが、多くのメンバーが真剣に教育を考えて、熱く行動していることも感じられて、とてもいい団体だと新入生ながら思いました。

 

ROJEの魅力3つ目は、「サークルや学生団体ではなく、NPO法人」ということです。

 

ROJEはNPO(Nonprofit organization:非営利団体)です。ただ何となく 、楽しく活動するのでなく、サークルや学生団体でないNPOで真剣に活動してみたい と思っていた僕にとっては、ピッタリだと思いました。

 

 

ROJEの魅力はまだまだたくさんあるのですが、僕がROJEに入会する決め手になったのはこの3つです。

 

皆さんも、是非新歓イベントに来て、ROJEの魅力を感じてみませんか?

新歓イベントでお会いできることを楽しみにしています!

 

~新歓イベントの詳細はコチラ~

関西ROJE 新歓特設ページはこちら→ http://urx.nu/izY0
新歓イベントのお申し込みはこちら→ http://urx.nu/izXL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る