スタッフ紹介~先生のための教育事典 EDUPEDIA~

10.12


先生のための教育事典 EDUPEDIA

学生ブログ 写真

名前:宇野元気(うのげんき)

大学・学部・学年:早稲田大学文化構想学部2年

活動内容

教育現場には、教員の方々をはじめ多くの方の素晴らしい教育実践が存在しています。しかし、そういった教育実践は1つにまとまっておらず、必要な人が必要なときに簡単に手に入らないのが現状です。

EDUPEDIAはそのような現状に対して、全国各地の教育実践やアイディアを集約し、情報を求める利用者が素早く利用できるように作られたWEBサービスです。

教員と社会人、大学生によってボランティアで運営されています。
⇒詳しくはサイトをご覧ください。(https://edupedia.jp/

 

コメント

私がリーダーとして目指すEDUPEDIAのかたちは2つあります。

 

「メンバーが自らの活動に誇りを持てる組織」

1年半、EDUPEDIAメンバーとして先生方へ取材をしたり、教育関係者の方と話をする中で、「EDUPEDIA」のサイトや活動の素晴らしさを感じました。EDUPEDIAメンバー1人1人が、自らの活動から「EDUPDIAの価値」を感じて、自らの活動に誇りを持てる組織を目指していきたいです。

そのために、リーダー自らが行動して、EDUPEDIAの価値をEDUPEDIAメンバーにも、社会にも発信していけるように活動していきたいと思います。

 

・「サイトを見て先生方が『応援してもらえているな』と実感できるようなサイト」

これは、今年の3月に当時玉川大学教職大学院教授の堀田龍也先生が開いてくださった勉強会での言葉です。

「EDUPEDIAは、なんのために活動しているのか。」

それは、EDUPEDIAのMissionである「教員のための優良かつ多様な教育情報の提供を通じ 教育現場の活性化、子どもの学びの最大化を支援する」ためです。このMissionを表現する1番のものはEDUPEDIAのサイトだと思っているので、サイトとして目指す姿をあげました。

このことを常に意識しながらEDUPEDIAのサイトを運営していきたいと思います。

 

頼りない面も多くあると思いますが、周りのEDUPEDIAのメンバーと協力し合いながら、頑張っていきたいと思います。

1年間よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る