つぼみプロジェクト始動!

07.02


ROJE学生ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

 

今年の復興支援プロジェクトのリーダーを務めています、東京大学文科三類二年の伊藤匠吾です。

 

今回は私がリーダーを務める「つぼみプロジェクト」のご紹介をしたいと思います。

まず始めに、今回の企画名「つぼみプロジェクト」の由来を説明します。

この名前には一人一人の個性をつぼみに例えて、このプロジェクトを通じてその個性を伸ばすことにより自分たちの持つ個性を大輪の花として咲かせてほしいという願いが込められています。

 

私は去年もROJEの復興支援プロジェクトに参加しました。その時は二本松市の子どもたちを対象にしていて状況は少し違ったのですが、子どもたちが大学生と未来を語り合う姿を見ていて来年も関われたらいいなと思い、今年はリーダーをやっています。

 

そして今年からは福島県飯舘村に支援を行います。飯舘村というところは少し特殊な事情を抱えていて、原発の影響で避難した住民のおよそ4割が働いていないという状況にあります。その中で子どもが職業観を身に着けづらくなっているのではないかと思った僕たちは、子どもに働くことへのあこがれを持ってほしいという思いで子どもたちを東京に招待し、2泊3日に及ぶ企画の準備を行っています。

 

企画内容を具体的に申し上げると、今年は子どもたちを東京に招いて東大での勉強、社会科見学、大学生を交えた熟議などたくさんの経験をしてもらいます。子どもがやる気になるためのスイッチってどこで入るかわからないので、今回の企画が参加してくれる子どもにとってのスイッチになってくれればいいなと思っています。

 

プロジェクトを作るにあたってのミーティングはすでに4回行っていて、これからはみんなで各企画について内容を詰めていく段階まで来ました。最初はぎこちなかったメンバーも少しずつ仲良くなって、意見も活発に出るようになってきています。このメンバーで、できるだけ良いものを作りたいと思っています。

 

さて、今回のつぼみプロジェクトでは企画を作る以外にもう一つ、ROJEでも初めての試みとしてクラウドファンディングを行うこととなっています。クラウドファンディングとはインターネット上で私たちの活動に共感した方が支援をしてくださるシステムです。目標金額は30万円で、それに満たない場合は1円ももらえない仕組みなので、絶対に成功させなければいけません。そこで、学生ブログをご覧の皆さんにもfacebookやtwitterでの宣伝や、周りの方にご支援をお願いしていただきたいと思っています。

https://readyfor.jp/projects/tsubomi-project

 

クラウドファンディングを成功させ、さらには当日の企画を成功させるためには皆さんのご協力が必要です。温かいご支援をどうぞよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る