ROJEで楽しんでいること~関東編~

05.09


学生ブログをご覧のみなさま

こんにちは!

まりりん

 

ROJE関東学生事務局 広報部長を務めている、早稲田大学 新3年生の安井真理奈です。

みなさま、これまでの東西リレー企画記事はもう読んでくださいましたか?

第三弾のテーマはROJEで楽しんでいること」です!

みなさんは、何を想像するでしょうか。

 

 

 

 

*************************

『東西リレー企画』とは・・・

ROJEに関わるひとつのテーマに対して、NPO法人ROJEの関東学生事務局・関西学生事務局のメンバーが、交互に、自分の考えを言い合うという企画です。

ROJEのことをもっと深く知ってもらおう、そして身近に感じてもらおうというためのものです。

*************************

 

ROJEは、みなさまもご存じのとおり、教育系NPO団体です。

「会員になって自分に何ができるのかな」と想像してみたとき、「教育に関係することしかできない」と思われるかもしれませんが、実はそれだけではないんです。

 

少し、私の話をします。

私の小さいときから夢は「絵の本をつくること」でした。

むかしから本を読んだり絵を描いたりすることが大好きだったんです。いつか自分の本を出せたら……そしてそれを良いと思ってもらえたら……きっとすごくうれしいのだろうと思っていました。大きくなってもその夢は自分の中から消えず、中学に入り、高校に入り、1年の浪人生活を送り、大学に入ってからも、本や絵が好きなことは変わりませんでした。むしろ、その気持ちは強くなったような気がします。

 

大学1年生の夏にROJEと出会い、会員のひとりとして活動するようになりましたが、教育系NPOのROJEに対して、絵を描くことを大きく活かせるとはあまり考えていませんでした。とくべつ美術について造詣(ぞうけい)があるわけではなく、作品を出して賞をもらったことがあるわけでもありません。私のちいさな特技は、ちいさなままでいるのだろうと思っていました。ROJEには美術大学に通う学生もいて、デザインやイラスト関係は、そういった専門的に学んでいる学生の方がよっぽど上手だったので。

 

ですが、諦めの悪いところがある私は、その美術大学に通う先輩に、デザインを教えてもらえるようにお願いしました。先輩は快諾してくれて、毎週ミーティングを開いてはIllustratorやPhotoshopといった慣れない編集ソフトの使い方を教えてもらいました。やり方を覚えて、できること・つくれるものが段々と増えていくにつれて、それを活かせる場所も増えていきました。

その後、新歓用ビラのデザインや名刺のデザインを任され、試行錯誤を重ねながら案を出していったのは、良い思い出です。

image (15)

そんな経験を経て、私は広報部長になりました。

ROJEはプロジェクトの数も多く、運営部にのみ所属する人もいればひとつのプロジェクトでのみ活動している人もいます。

そんな人たちにも、他のプロジェクトのこと、ROJE全体のことをもっと知ってもらうにはどうしたらいいだろう?

ROJEにいる人が「もっとROJEを知りたい!」と思うような伝え方って何だろう?

 

そう思ったことがきっかけで、内部広報紙を発行することを決めました。

今は編集長として、特集や企画をメンバーと決め、インタビューなどを行い、編集ソフトを使ってデザインしています。メンバーから感想を貰うと、飛び回りたくなるほど嬉しくなります。

子どもも大人も、「したいこと」が「できること」になったときの嬉しさは、同じですね。

今は事務所にIllustratorをはじめとする編集ソフトがインストールされているPCが1台あるので、デザインは好きだけど道具がない!というメンバーにはそれを使ってやり方を教えています。

 

そんなわけで、私がROJEで楽しんでいることのひとつは……「デザイン」です!

正直、非常に、楽しいです。

長くなりましたが、ここまで読んで下さりありがとうございました!

 

最後に。

これを読んで、「自分の特技も活かせるかな」と思った方。

きっと活かせます! ぜひご連絡くださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る