学校ボランティアプロジェクトから新入生へ!

04.11


みなさん、こんにちは。

VPブログ用1

学校ボランティアプロジェクト広報班の志津田と申します。

いよいよ新学期。何か新しいことを始めたい方へ!!

小中学校ボランティアのご案内です。

私は週一回、渋谷区の小学校にボランティアとして通っています。

「先生になりたい」というわけではないのですが、ブログ用2もともと「教育に関して勉強したい!」と考えていたため、

・直接人の役に立てることがしたい、

・漠然と、今の学校現場を知りたい、

・子どもと関わる機会がほしい、

ということでボランティアを始めました。

ボランティアって一体何をするのかというと、

朝会から授業、休み時間、給食、下校までを子どもたちと一緒に過ごすだけ。

担任の先生だけではカバーしきれない、

教える、叱る、ほめる、遊ぶという役割を、お手伝いします!

こんなに単純なことなのに難しく、そして、やりがいがあるのです。

たとえば、

悲しくて泣きだした子がいれば、背中をさすり続けて励ましてあげる。

友達に罵られて「教室に戻らない」と言いはる子がいれば、話を聞いてあげる。

授業がつまらないという子がいれば、その子に合ったやり方を探してあげる。

なかなか骨の折れることもあります。

とくに、叱ることがどれだけ難しいかを日々感じさせられます。

「先生」であり、「大学生のお姉さん」でもあるからです。

でも、

目を輝かせて自分の作品を見せてくる、

会うたびに「先生あのね、」ってぴたっと貼りついてくる、

そっと秘密の手紙や折り紙を渡してくれる、

そんな子どもたちの笑顔を見ていると、

自分は何にも代えがたい時間を過ごしているのだと気づきます。

ある提携校の先生がおっしゃいました。

「ボランティアが一人いるだけで、学力が飛躍的に向上するとは思いません。

でも、子どもを受け入れてあげることのできる存在、

子どもが頼ることのできる存在が一人増えること、

これが大きな意味を持ちます。

そのような小さな経験の積み重ねが、子どもの成長につながると思います。」

ブログ用3

VPには研修会など、交流や学び合いの場もあります。

私たちが目指すのは、ささやかではありますが、

こういう子どもたちの小さな「できる」を増やすこと。

子どもに頼られる存在に、あなたもなりませんか?

学校ボランティアプロジェクトでは、

東京・横浜の17の小中学校に、

週一回ボランティアとして通うことができます。

一日入る平日授業サポートに始まり、放課後特別教室の支援など、

あなたのやりたいこと、スケジュールに合わせた活動ができます!

もっと知りたい、ボランティアを始めてみたい、と思った方は、

春のボランティア説明会(詳細はこちら)にお気軽にお越しください!

第一回

4/13(日) 14:00~16:30

@代々木八幡区民会館

都合がつかない…という方には個別に対応いたしますので、こちらよりご連絡ください!

皆様のご参加、心よりお待ちしています!(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る