なぜROJEに入ったか、ROJEでなにを学んだか~関西編~

03.26


こんにちは!ROJE関西学生事務局の山崎翔平(やまざきしょうへい)です。

同志社大学文学部の新2回生です。

山崎

?

イベント企画VARYに所属しています。

今回は東西リレー企画第2弾!関西編ということで、「なぜROJEに入ったか、ROJEでなにを学んだか」について書かせていただきます!!

?

○? なぜROJEに入ったか?

中学高校時代はサッカー部に所属していたため、大学でも続けようとも思っていましたが、大学生になる、ということでなにか今までとは違ったことをしたいと考えるようになり、また将来は教員を目指しているので、教育系の団体をさがしていました。

その中で、ROJEに入った理由は新歓時に、ROJEメンバーの教育に対しての想いがとにかくアツい!という印象を受けたからです。また自分の中で、教育団体=教員志望の集まり、というイメージがあったのですが、ROJEは教員志望の人ばかりでもない、というのも魅力に思った要素の一つです。本当に色々な個性・考えを持ったメンバーと日々活動できて刺激を受けています。

?

○? ROJEで学んだこと

今までサッカーしかしてこなかった自分にとって、ROJEでの活動を通して学んだことはとても多いです。特

に入ってから数ヶ月は驚きの毎日でした。

その中で強いて挙げるとするならば、以下の2つです。

①?? 教育についての知識・考えの幅が広がった

②?? 企画・運営することの楽しさ

イベント企画VARYでは実際に参加者の方々と意見交換を行います。主に大学生を中心に参加者を募っていますが、同じ大学生でも考えている事はそれぞれ違います。また、最近では社会人の方も参加してくださるようになり、

本当に様々な意見を聞く事ができるため、教育についての知識、考えの幅は広がり

ます。将来、教員を目指している自分にとって、様々な立場の、考えをもった方々と話し合える、というのは貴重な体験だと思います。VARYの活動だけではなく、ROJEでは教育フォーラムや震災復興事業など企画・運営することが多いです。大変なことも多いですが、今までとは違う活動を体験する事ができ、日々刺激を受けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る