2年生以上からのROJEでの関わり~関西編~

03.19


ROJE学生ブログをご覧のみなさま

こんにちは!

ROJE関西学生事務局に所属しています、同志社大学新3回生の武村有紗(たけむらありさ)です。

今回は、『東西リレー企画』の連載2回目を担当させていただきます!

*************************

『東西リレー企画』とは・・・

ROJEに関わるひとつのテーマに対して、NPO法人ROJEの関東学生事務局・関西学生事務局のメンバーが、交互に、自分の考えを言い合うという企画です。

ROJEのことをもっと深く知ってもらおう、そして身近に感じてもらおうというためのものです。

*************************

 

ROJEに入ったばかりの頃の私は、一年は大学生活を過ごしてきた『2回生』だけど、ROJEの中ではまだ何も知らない『新入生』。

『大学生として先輩である自分』と『ROJEの新入生である自分』をどう両立したのか?

活動していく上で、ふたつの自分をどう生かしてきたのか?

これらについてお話ししていきたいなと思っています。

私は2回生の4月からROJEのメンバーとして活動しています。

大学では教育系の学科に入ったのですが、教育について学ぶ内に、教育について真剣に語り合える仲間がほしいなという思いが強くなっていきました。そこで教育に関して活動している団体やサークルを探していたところROJEに出会いました。

 

ROJEに入ったばかりの頃は完全に手探り状態。やりたいことや言いたいことがあっても、ROJEについてまだあまり知らない自分が出て行ってもいいのか分からず、様子をうかがうこともありました。こんな自分を変化させるきっかけとなったのが、『Talk Cafe』と『関西教育フォーラム』という二つのイベントです。

IMG_103205033589369

『Talk Cafe』は、?私が所属しているプロジェクト・イベント企画VARYが主催している交流イベントです。プロジェクトのメンバーは新1回生が多くてイベントの企画が初めての人が多かったため、別の団体でイベントの企画を経験していた私が、自分の知識や経験を伝えるようにしました。6月の本番では司会を担当し、他のメンバーからも「良かったよ」と言ってもらったことが自信につながりました。

また、『関西教育フォーラム』は、関西学生事務局が毎年11月に開催する一年で最大のイベントです。私はその企画で、企画部の副部長をすることになりました。ROJEに入ってまだ数か月で、幹部というポジションをやり遂げられるか不安もありました。でも、私と同じように2回生から入ったメンバーが、幹部として一生懸命がんばっている姿を見ることで、励みになりました。

 

これらのイベントを通じて、「ROJEでは新入生だから」としり込みしている場合ではないのだなと痛感しました。――自分の知っていることはできる限り伝えていこう。新入生も先輩も関係なく、みんなで企画を作り上げていこう。と、気持ちを切り替えることができました。

手探り状態だった一方で、ROJEの新入生である強みを生かすこともできました。たとえば、これまでのROJEのやり方にとらわれず、新しい考えや提案をミーティングで積極的に出していくようにしました。

学生ブログ-2

写真は、全体ミーティングで「NPO法人としてROJEが目指すべきこと」をグループ発表しているときのものです。関西のメンバーは、新入生も上回生も独創性のあるアイデアをどんどん出してくれるので、とても刺激になっています。

ROJEには大学も学部も回生も超えて、一緒にひたむきに活動できる自慢の仲間がたくさんいます。

もしもまだ迷いがあるのなら、少しだけ勇気を出して新歓イベントや説明会へ足を運んでみてください!ROJEのあたたかい雰囲気をきっと気に入ってもらえると思います。

 

次にブログを書いてくれるのは、関東学生事務局の藤本啓寛です。

次回もお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る