広報部長就任のご挨拶

10.16


こんにちは! 今年の9月より、ROJE関東学生事務局広報部長に就任いたしました、早稲田大学教育学部2年の安井真理奈と申します。

今回はROJE広まりりん報部の活動内容を皆様に知っていただいたうえで、新しいリーダーとして私自身の抱負を書いていこうと思います。拙い文章ですが、どうぞお付き合いください。

まず、具体的な活動としては、主に以下のようなことを行っています。

(1) 五月祭や教育夏まつりなどのイベント広報
(2) ウェブ広報(連盟ホームページの運営やSNSの管理)
(3) 内部広報
(4) 外部との交流イベントの企画
(5) 連盟パンフレットの作成

ところで、そもそも「広報」とは何でしょうか?

「広報」とは、読んで字の如く「広く報(しら)せること」です。ROJEの活動について知ってもらい、それをきっかけに教育に主体的に関わる人を増やしていくために、私達広報部はROJEの広報活動を行っています。

ですが、ただ単に発信していくことだけが広報部の活動ではありません。例えば、家にある電話を想像してみてください。誰かと電話を使って話をするとき……

・受話口(耳にあてる部分)だけを使う。
・送話口(声を吹き込む部分)だけを使う。

どちらかだけでは、話はできませんよね。相手の話を一方的に聞くだけ/相手に一方的に話しかけるだけでは、コミュニケーションは成立しません。受信と発信のふたつがそろってこそ、様々な情報の共有、更新、相互確認が可能となり、時には新たな発見に結びつくのではないでしょうか。

私達広報部は、積極的な発信と受信をしていくことにより、ROJEが社会へ提供する価値を多くの方々に知ってもらうこと>、そしてそれをきっかけに、<教育に対して主体的に関わる人を増やしていくこと>を目指し、ROJE全体を見たうえで「広報部がしていくべきこと」を考えます。

内外ともに多くの人と関わる機会のある広報部は、人々との出会いと交流を大切にしながら、ROJEを様々な面で充実させることができるよう、活動しています。それは、ROJEが活動を続けていくうえで、広報部は非常に重要な役割を担っているということです。

そんな広報部の部長として活動するということは責任重大ではありますが、私自身、遣り甲斐と楽しさを感じながら、日々活動しています。

ROJEが社会へ価値を提供できる団体であり続けるために、広報部長として、そして1人のROJEメンバーとして、精一杯活動していきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

ミーティング見学等、どのプロジェクト、どの部署でも随時受け付けておりますので、興味をお持ちの方はお問い合わせフォームより、またTwitterFacebookでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る