EDUPEDIAリーダー就任のご挨拶

10.21


ROJE学生ブログをご覧のみなさま
こんにちは!早稲田大学教育学部2年の坂本一途です。今期のEDUPEDIA学生リーダーに就任致しました。就任のご挨拶をさせていただきます。

一途くん

中央がリーダーの坂本。

私は、EDUPEDIAに一年の春から関わり全リーダーの薗田さん、その前のリーダーである水島さんなどの背中を見て活動して参りました。EDUPEDIAの現二年生の中では、最も先輩方とともにEDUPEDIAに関わらせていただけたのではないかと存じます。その活動してきた中で感じたことは、メンバーそれぞれが意識的にEDUPEDIAを良くするため、教育を良くするために活動していることを深く実感致しました。

このことはEDUPEDIAが教育に対して貢献できていることを示している何よりの証拠だと感じ、そのEDUPEDIAをさらに良いサービスとしていきたいと考え、学生リーダーを希望させていただきました。

自分が多く先輩方と接してきた経験を活かしてメンバーそれぞれを助け、メンバーがEDUPEDIA、ひいては教育を良くするために存分に力を発揮できるように組織を運営していきたいと存じます。

今期のEDUPEDIAの目標は、記事掲載数を2013年4月までに2000記事にすることです。この目標を設定した理由は、現在のEDUPEDIAのサイト方針として先生方に十分なコンテンツを届けたいという想いから生まれました。EDUPEDIAのサイトの記事数は、現在約1000記事です。現在小学校の授業の実践を中心的に掲載させていただいておりますが、さらに先生の参考となる記事が必要だと判断しました。EDUPEDIAでは多様性の尊重を大切なことに掲げていますが、先生が理想とする授業とは個々の子ども、各クラスに適した授業を展開することだと思います。(参照URL:http://edupedia.jp/top/about/values)そのためには、たくさんの授業の記事を掲載することで様々な先生方の参考になる記事を掲載していくことが必要だと判断しました。しかし、EDUPEDIAは記事を掲載することが最終的な目標ではありません。日本一の教育プラットフォームになることがEDUPEDIAのビジョンです。授業の記事だけでなく、様々な教育関係の情報をEDUPEDIAに一つにまとめ、先生方が明日の授業を良くするために、子どもの笑顔を一つでも多く輝かせるために参考にしてくれるサイトを目指していきます。

インターネット、Webサービスだからこそ伝えられるリアルでアクセスしやすい環境なので、様々な機能を考えられると思います。今のメンバーである私たちだけでなく、ひとりひとりが考えて生まれるアイデアを大切にしていきたいので、ご協力していただける方を常にEDUPEDIAでは募集しています。EDUPEDIAの活動は量と質を保っていければ、自分の研究に即した中で自身の財産になるものです。そして、個性的な仲間たちと和気あいあいと活動しながら、学生らしい一面も楽しめます。教育に情熱を持っている方、自分の力を社会に役立てたい方、あなたの力が必要です。一緒に活動してみたい方は、こちらのお問い合わせページからご連絡ください!

http://edupedia.jp/top/contact

それでは最後になりますが、今年一年全力を尽くして取り組んでいく所存です。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る