学生事務局長就任のご挨拶

10.07


ROJEブログをご覧のみなさま、こんにちは。

早稲田大学教育学部2年の藤井陽一郎です。

9月1日より新しく関東学生事務局の学生事務局長に就任しましたことをご報告いたします。

学生事務局長とは、ROJE関東学生事務局の代表としてメンバーの指揮や外部との対応を行う役職です。

私はこれまでROJEで五月祭教育フォーラム、二本松プロジェクト、学校ボランティアプロジェクトに関わってきました。

その中で私たちの活動がやりがいや自分の成長につながるとともに、子どもたちの未来を形づくるひとつの要因になりうると感じました。

そして自分たちの手でより良いROJEを作っていきたい、子どもや社会に対して影響を与えていきたいという思いから学生事務局長に立候補をさせていただきました。

私たちROJEは「教育活動のベストプラクティスを創造・発掘・発信することを通した、ボトムアップの教育改革」を理念として、学生が教育現場に入り子どもに対して支援する事業を多く行っています。

私が所属している関東学生事務局は4つのプロジェクト、4つの運営部から成り立っており、各プロジェクト・部ともに大学生が中心となり日々精力的に活動しています。

そこでは教育に興味を持ち、様々な目的や問題意識のもと集まった100人を超える仲間が切磋琢磨しており、お互いに非常に刺激を受けています。私はROJEが持つアツいエネルギーが大好きで、今まで約1年半をメンバーと共に駆け抜けてきました。

そして今後も継続的に子どもたちへの支援を行う中で、子ども・大学生が共に成長し、さらには社会に対して良い影響を与えることができるNPOに成長できるよう、メンバー一同精進していく所存です。

また、私たち学生事務局だけでなくROJEの理事や社会人の皆様と一丸となって教育に対してアプローチを行うことにより、子どもたちをはじめ、日本の教育に対して大きなアクションを起こすことができると信じています。

私自身も共に活動するメンバーやROJEに関わる方の信頼・感謝の気持ちを忘れず、今後生きていく中で一生の糧となるような1年を過ごせるよう、日々邁進して参ります。

代表を務める者として未熟な点は多いですが、どうぞこれからもご支援をよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る