教育夏まつり2013 in 福島・二本松、企画もいよいよ大詰め!

07.28


学生ブログをご覧の皆様、こんにちは!

二本松プロジェクト熟議班の志津田と申します。

いよいよ本プロジェクトも大枠が決まり、班に分かれて企画の具体的内容を詰める段階に入ってまいりました!今回はそんな各企画の詳細をご連絡したいと思います。

まず1日目、アイスブレイクのための運動企画。こちらは緊張ほぐしのほか、絆を深め、非日常を味わう目的で、皆で体を動かす企画です。とにかく「皆で楽しむ」ことが、学生企画の要です。初めに顔合わせ程度に参加者全員でレクをし、次にグループに分かれてのレクを行うことで、絆を深めます。現在、全体で行うものでは自己紹介競争、猛獣狩り、○×ゲーム、グループで行うものではジェスチャーゲーム、豆運びリレー、フリスビー、グループ対抗クイズが案として出ています。

楽しいゲームが盛りだくさん!思い切り遊びに没頭して、できるだけたくさんの友達を作って、何十年後までも「楽しかったな」と心に残るような良い思い出にしたいですね。

次に、こども熟議について。2日目を丸々使って行われます。なんとなくもやもやとしか描けていない自分の人生。それを形にしようということで、未来まで含めた自分史を作ってもらいます。自分史を作る中で、未来が少しだけ具体的に、前向きに見えるようになってくれば、こんなに素敵なことはありません。小学生、中学生、大学生がそろうということは、自分の昔や未来の姿がそばにいて、語り合ってくれるということです。たくさん意見が飛び交うといいですね。

まず午前中に、ミャンマーゲームというものを行います。ここでは、みんなが仲良くなるためのゲームというにとどめておきましょう。お楽しみに。次にサイコロトークを行い、みんなで楽しくおしゃべりをします。身近で気軽に話せるお題を考えていきます。

気軽に話せるようになったら、お待ちかねの自分史作りに入ります。過去から現在まではもちろん、未来まで書き込んでいきます。オリジナリティーと夢溢れる自分史を期待します!

企画メンバー一同、知恵を絞って楽しい企画を工夫していきます。たくさんの方のご参加をお待ちしております!

roje_nihonmatsu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る