二本松市復興支援事業 昨年度活動報告

07.24


学生ブログをご覧の皆様

こんにちは!
昨年度二本松市復興支援事業のリーダーを務めておりました、大内優汰と申します。
本年度の活動も進んでおりますが、今回は昨年度の活動を振り返ってみたいと思います。

昨年度は、二本松市の中学1~2年生92名を東京に招待し、『絆×未来』をテーマに体験型宿泊学習を行いました。詳細は?こちら

年齢的にも近い大学生と将来の夢について語り合ったり、被災地支援のボランティア活動をしている方々と交流したりしながら、子どもたちは、自分なりの「夢」を見出していました。東京スタディツアー写真(作文企画)

「僕も(私も)、今回出会った大学生のようになりたい!!」

子どもたちに書いてもらった文集の中にこのような言葉がありました。

私は、この言葉を率直に嬉しく思うと同時に、
この事業は、子どもたちが自らの将来に希望を持つきっかけとなれることを実感しました。

nihonmatsu2.pngそして、今年度は、大学生が二本松市に出向きます。
子どもたちの故郷で再会できることを、今でも待ち遠しく感じております。

早稲田大学教育学部英語英文学科3年
大内優汰

 

*今年度の活動情報は、下記のリンクにて随時更新していきます。ご一読ください。
?教育夏まつり in 二本松 2013

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る