【関東学生事務局】株式会社willseed様のワークショップ実施

12.07


学生ブログをご覧のみなさまこんにちは。13代関東学生事務局長の大森友暁です。

 

2018年ももうすぐ終わりますね。時間が経つのが年々早くなっていると感じます。今年の振り返りをそろそろ始めて、来年の目標を立てたいと思います。

 

12/4(火)19:30~21:30に弊団体御茶ノ水事務所にて、株式会社willseed様のワークショップ、『遊んで発見気づきダネ』を実施致しました。株式会社willseedより2名の方にお越しいただき、学生向けにワークショップをして頂きました。各プロジェクトのリーダー陣、次期リーダー候補を中心に14名の学生が参加しました。プロジェクトが違って普段なかなか会わないようなメンバーとの交流の機会にもなりました。

 

内容は、身近な遊びをアレンジして、ちょっとした気づきがある新しい遊びを作ろうというもの。私たちは「互いの弱点を補い合おう」という気づき・学びが生まれる遊びを作りました。じゃんけんとドッジボールを掛け合わせた遊びや、トランプをアレンジした遊びなど、今後ROJEの合宿でもできそうな面白いゲームが生まれ、参加した学生も実際にやりながら楽しんでいました。

 

ROJEでは、各プロジェクトが様々なワークショップを企画し運営していますが、参加者にどんな気づきを得てほしいのか、どんな学びを届けたいのかということは常に頭に置いておく必要があります。今回遊びをデザインすることで、その方法論を学ぶことができました。

 

参加した学生からは、「自分たちが意図以上のものを相手に届けられる人間になりたい。」「企画を作るときはいかにシンプルに作るかが大切だと分かった。」といった感想が寄せられ、今後企画を作るうえでの参考になった学生が多かったように思います。

 

株式会社willseedのみなさま、この度は誠にありがとうございました!

 

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る