【五月祭教育フォーラム】企画記事④:ここだけ!「教員の多忙化」厳選キーワード5選

05.18


「学校の先生が忙しくて大変…」と言った話は、みなさんどこかで耳にしたことがあるかと思います。
では、学校の先生はどうして忙しいのでしょう?そもそも、学校の先生の仕事ってなんなのでしょう?

 

今年の五月祭教育フォーラムでは、学校の先生の本来の役割とはなんなのか、先生はどう言った考え方でその役割に臨むべきなのかを徹底的に掘り下げます。
そんなフォーラムの前に、学校の先生にも、そうでない人にも、「教員の多忙化」を考えるにあたってぜひ知っていただきたいキーワードをまとめてみました。


 

給特法

公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」の略称です。教員の勤務態様の特殊性をふまえて、公立学校の教員について、時間外勤務手当や休日勤務手当を支給しない代わりに、給料月額の4パーセントに相当する教職調整額を支給することを定めています。昭和46年(1971)に制定されました

 

 

新学習指導要領

2020年度に小学校で全面実施され、中学校では2021年度、高校では2022年度以降に実施される予定の新しい学習指導要領です。主体的・対話的で深い学びを通して、「知識及び技能」「思考力,判断力,表現力等」「学びに向かう力,人間性等」を獲得することを掲げています。新しい時代に必要となる資質・能力を踏まえて、小学校の外国語教育の教科化や、高校における「公共」の新設など教科・科目の見直しも行われています。

 

 

TALIS

学校の学習環境と教員の勤務環境に焦点を当てた、OECDの国際調査「国際教員指導環境調査(Teaching and Learning International Survey)」の略称です。職能開発などの教員の環境、学校での指導状況、教員への評価やフィードバックなどについて、国際比較可能なデータを収集し、教育に関する分析や教育政策の検討に資することを目指しています。
2013年に行われた調査では、日本の教員の1週間あたりの勤務時間は参加国中で最長となっています。

 

 

チーム学校

校長のリーダーシップの下、カリキュラム、日々の教育活動、学校の資源が一体的にマネジメントされ、教職員や学校内の多様な人材が、それぞれの専門性を生かして能力を発揮し、子供たちに必要な資質・能力を確実に身に付けさせることができる学校のことです。多様な人材にはスクールカウンセラーのほか、スクールソーシャルワーカー、部活動指導員、ICT(情報通信技術)支援員、就職支援コーディネーターらも含まれます。

 

 

コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)

保護者代表や地域住民などからなる学校運営評議会が、主に

  1. 校長が作成する学校運営の基本方針を承認する
  2. 学校運営に関する意見を教育委員会又は校長に述べる
  3. 教職員の任用に関して、教育委員会規則に定める事項について、教育委員会に意見を述べるという3つの役割を担うことで、学校運営に地域の声を積極的に生かし、地域と一体となった特色ある学校づくりを進めていくことを目標とした制度です。

学校運営協議会の設置の努力義務化やその役割の充実などを内容とする「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正が行われ、平成29年4月1日より施行されています。  


いかがでしたか? いよいよ当日まであと3日となりました。

今年のテーマは「教員の多忙化」。
「ブラック化する学校~多忙の影に潜むものとは~」と称して学校現場が多忙化する原因やその解決策に迫ります。
 
学校現場は子どもが成長過程において多くの時間を過ごすだけでなく、教師も同様に人生の大半を過ごす場所でもあります。
 
生徒だけでなく教師にとっても過ごしやすい学校現場であるために、これからの学校に求められる変化とはどのようなものなのか…
豪華ゲストとともに考えてみませんか?
 
5月20日(日)、東京大学本郷キャンパスにて、ご来場お待ちしております!!
 
以下フォーラムの概要でございます。
 

ブラック化する学校 〜多忙の影に潜むものとは〜

◆日時:2018年5月20日(日) 14:00-17:00 (13:30開場)
◆場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館(東)2階法25番教室
◆参加費:無料
◆登壇者:
内田良 名古屋大学大学院教育科学研究科准教授
隂山英男 一般社団法人基礎力財団理事長/当連盟代表理事/隂山ラボ代表
鈴木寛 東京大学、慶應義塾大学教授/文部科学大臣補佐官/元文部科学副大臣/当連盟
代表理事
妹尾昌俊 教育研究家/中教審 学校における働き方改革部会委員
横田和也 東京大学教養学部2年
※五十音順、敬称略
◆後援:文部科学省、東京都教育委員会、文京区教育委員会
◆申し込みフォーム:https://goo.gl/suUh5e

 【五月祭教育フォーラムとは】

 五月祭教育フォーラムは、東京大学の五月祭内で開催される日本最大級の教育フォーラムです。2006年から毎年開催されており、今年で13回目を迎えます。当フォーラムでは、その時々に即した課題をテーマとして扱い、多くの方々と教育について考えます。2017年は大学入試改革について熱い議論が繰り広げられました。教育界の著名人を登壇者として招き、参加者の皆様ととともにこれからの教育について考えるフォーラムです。教育に興味を持つ学生が主体となって運営しているNPO法人日本教育再興連盟(ROJE)が主催しております。
五月祭公式Twitterはこちら▶▶ @roje_mayfes
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る