<関西学生事務局>【メンバーインタビュー】高校学習支援プロジェクト | NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)

<関西学生事務局>【メンバーインタビュー】高校学習支援プロジェクト

04.15


学生事務局ブログをご覧のみなさま、こんにちは!

関西学生事務局広報担当の潮です。

今回もメンバーインタビューをしてきました!

 

さて、今回のメンバーは

高校学習支援プロジェクトのリーダー、西村立人さんです!

 

|1.高校学習支援プロジェクトってどんなプロジェクトですか? 

 人生の中において高校時代の進路選択というのは大きな意味を持つと思います。だからこそ、自分の心の声に従って、納得のいくものにしてほしい。そして、自分が選んだ次なるステージにおいても生き生きと輝き続けてほしい。そんな思いから3年前にこのプロジェクトは始まりました。1人でも多くの高校生に能動的な学びを創造してもらうことをビジョンに掲げ活動しています。現在の主な活動は、KTC中央高等学院京都キャンパスという京都市にある通信制高校での月に2回の授業です。授業で扱うテーマは自己理解や自己表現、あるいは自分の将来像など多岐にわたりますが、高校生に能動的に進路を考えてもらいたいという観点から授業をデザインしています。
 

 また、PJメンバーの通う大学で、高校生に向けた大学見学ツアーを実施するなど、教室を飛び出したイベントの企画も行っています。 

 

 

|2.西村さんはなぜこのプロジェクトに入られたのですか?

 

 僕がこのプロジェクトに入った理由は、現代の高校生の間に流れている雰囲気に疑問を持ったからです。どんな雰囲気かというと、勉強することについては肯定されるのに、なぜ勉強するのかについて考えることはあまり肯定されない雰囲気です。もう少し具体的に言うと、「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と疑問を持った時に、その問いに対して真正面から答えてくれる人はあまりいなくて、むしろ「そんなことを考えている暇があったら、英単語を覚えたほうがいいんじゃない?」という人がいるということに違和感を感じたのです。

 勉強することが大事な理由は、「勉強した結果得られるものが大切だから」だとしたら、それが何なのか考えるのってすごく大事だと思いませんか?だってそれをきちんと考えないと、まったく意味のない勉強をしてしまう可能性だってあるわけじゃないですか。だから僕はなぜ勉強をするのかを考えることは勉強することと同じくらい大事だと思うのです。

 そして、それは高校生には特にそうだと思います。高校を卒業すると、大学などの高等教育に進むことが一般的になりつつありますが、高等教育では、高校までと違って、自分で何をどのように学ぶかを決めることが求められるのではないかと思います。例えば大学生が自分で時間割を組んだりするのはその一例だと思います。そうしたことを考えると、高校生というのは本来、自分で自分の学びをデザインする準備をしなくちゃいけない。その第一歩として、なぜ学ぶのかを考えることはすごく大事なはずなのに、それが軽視されている。その現状に疑問をもったことが、このプロジェクトで活動しようと思った理由でした。

 

|3.このプロジェクトの魅力を教えてください。

 

 やはり、高校生と長いスパンでかかわれるというのは大きな魅力だと思います。しかも、高校生に「こんな風になってほしいな」と思いながら、授業を考えたり、会話をしてみたり、いろんな方向からアプローチしながら、高校生の成長に寄り添えるというのはこのプロジェクトでしかできない貴重な体験だと思います。

 例えば、かかわっている高校2年生の話をするとします。2年生になると、そろそろどんな進路を選択するのか、具体的に考えてある程度見通しを立てなくてはいけない時期ですね。やはり先のことを考えることって不安が大きく、進路をテーマにした授業に対しては、年度初めだとなかなか前向きな姿勢を見せてくれませんでした。ですが、授業を重ねていくと、だんだん自分の将来に対して自信を深めてくれました。最後には、「将来は○○なりたい!だから、これこれを勉強できる専門学校に行く!」と言ってくれて、その時は高校生にかかわらせてもらえてよかったなと思いました。

 

|4.このプロジェクトはどんな人にオススメですか?

 高校学習支援プロジェクトでは、授業ワークを考えるのが得意であったりとか、ワークシートの作成が得意であったりとか、いろんな人が活躍しているのですが、そんな中で一番大切にしたいと思っているのは生徒目線です。つまり生徒がどのような状態になるのか、理想の状態に対して生徒はどの点で問題を抱えているのか、を考えることを大事にしています。人と悩みや喜びを共有したりすることが好きな人におすすめなプロジェクトです。

 

|5.最後に新入生へひとこと!

 

大学生活はあっという間です。だからこそ、どんな環境に身を置くかがすごく大切だともいます。高校生のことを真剣に考え、ともに悩み、ともに喜ぶ僕たちと密度の濃い時間を過ごしませんか?

 

 

 

ROJE関西学生事務局では、新歓イベントを開催するので、ぜひ一度参加してみてくださいね!

【新歓イベントのお申し込みはこちらから!】

【関西学生事務局の新歓twitterはこちらから!】

【関西学生事務局のfacebookはこちらから!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る