【メンバーインタビュー】高校学習支援プロジェクト

07.08


 

こんにちは!関西学生事務局広報担当の内山です。

今回は、高校学習支援プロジェクトに所属する京都大学3回生の伊藤隼秀さんにインタビューしました!

  ▶︎▶︎「高校学習支援プロジェクト」とは??

 

|ROJEに入って良かったと思うことはなんですか?

メンバー一人ひとりが教育に対する熱い思いを持っているところだと思います。

また、その思いをすぐに行動に移そうとする現場主義的な考えを持っている人も多く、

NPOとしての社会貢献のみならず、自分たちの自己実現もしやすい環境になっているところが良かったと思います。

 

|高校学習支援プロジェクトってどんなPJなんですか?

大学生が高校生とコミュニケーションをとることにより、

彼らが今まで持つことが難しかった大学生とのつながりを提供したり、そこから大学の実際の状況を知ってもらったりすることで、

高校生の進路選択の視野を広げることを目的に活動しています。

現在は、京都市にあるKTC中央高等学院京都キャンパスに月2回のペースで授業を行わせてもらっています。

 

|伊藤さんはなぜこのプロジェクトに入られたのですか?

もともと、高校での教育に興味があったという軽い気持ちでプロジェクトに入りました。

しかし、プロジェクトのメンバーの生徒のことを本気で考える姿勢に心を動かされ、

昨年度まではリーダーとして、楽しみながらも生徒を第一に、ということをモットーに活動を続けていました。

 

|このプロジェクトの魅力について教えてください。

自分たちの活動が直接教育として成果に出ることだと思っています。

それは魅力であると同時に、先生と同じくらいの教育的責任を負うことにもつながっています。それゆえ、授業前の準備は授業作成からリハーサルまでを短期間で忠実にこなすことが求められます。

しかしながら、それを乗り越えて生徒に楽しく学んでもらえる機会を提供することができた時の達成感は筆舌に尽くしがたいものだと思います。

|このプロジェクトはどんな人におすすめですか?

高校の教員志望の方はもちろん、

子どもたちと関わることに興味がある方にぜひともおすすめしたいです。

 

|最後に一言どうぞ!

教育に興味のある方はもちろん、

大学生になって心機一転ボランティアをしてみたいけどどうしようか迷っている人

一度高校学習支援プロジェクトの活動を見学してみませんか?

大学生にしかできないことを大学生のうちにやってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る