【関西学生事務局】第8代事務局長任期終了のご報告

06.20


みなさま、こんにちは。第 8代 ROJE 関西学生事務局長を務めておりました、進藤貴永(しんどうきえ)です。

5 月 31 日を持ちまして事務局長の任期が終了し、小川寛貴(おがわひろき)が事務局長に就任しましたことをご報告申いたします。

社会貢献のために活動していくなかで、「メンバー同士での学び合い」を活発にできることがこの団体の最大の特徴であると感じていました。

これをもっと生かせる組織づくりをしたいと思い一年前、事務局長になり以下の目標を掲げました。

【プロジェクトの垣根を越えて学び合い、協力する】

ROJE 関西には関西教育フォーラムを含め、5 つのプロジェクトがあります。

”ROJE 関西”という一つの枠組みの中で活動していることを最大限活かし、プロジェクトが相互発展することによって、ROJE 関西だけでなく ROJE の成長につなげよう、という目標です。

具体的には、月に一回 ROJE 関西全員が集まる機会を設け、各プロジェクト活動を通して得た学びを共有したり、悩みがあればプロジェクト関係なく一緒に解決策を考えたりしました。試行錯誤しながらの取り組みでしたが、先輩後輩関係なく違うプロジェクトのメンバー同士の信頼関係を構築できたことが、これからの活動に生きてくるのではないかと思います。

組織のリーダーを務めることは非常に難しく、失敗や後悔も多々ありますが、それらの経験ができたおかげで一年前には見えなかった自分に出会うことができ、「事務局長をやって良かった」と心から思っております。

新事務局長の小川寛貴は、昨年イベント企画 VARY・高校学習支援・放課後ボランティアcomp の 3 つのプロジェクトを掛け持ちするだけでなく、関西教育フォーラムの中心メンバーとして活動するなど、誰よりも精力的に活動を行ってきました。

彼の強みである豊富な発想と行動の速さで ROJE 関西を成長させてくれると期待しております。

最後になりますが、活動にご支援・ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

今後とも ROJE 関西をよろしくお願い申し上げます。

第 8代 ROJE 関西学生事務局長

進藤貴永

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る