【関東新歓特別企画】事務局長が行く!ROJEメンインタビュー!!④

04.28


こんにちは!
事務局長の板野千咲です!

この企画ではROJEのメンバーにインタビューをして、ROJEでどんな人が活動しているのか、どんな雰囲気なのかを発信していきます!!

今回は学校ボランティアプロジェクトのメンバー、

お茶の水女子大学文教育学部新2年生の

高松実央(たかまつみお)さんと松本麻希(まつもとまき)さんにインタビューしました!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

板野二人はどうしてROJEに入ろうと思ったの?

高松:「教育に関わる活動をしたい」と思い説明会に参加しました。

ROJEの雰囲気の良さにとても惹かれました。また毎週行われているミーティングに参加した際、堂々とプレゼンをされたり難しい議題について話し合ったりされている先輩方の姿に憧れ、「私もROJEで自分を磨きたい!スキルアップしたい!」と思いました。

松本:高校生のときに母校の小学校へボランティアをしていました。それが本当に楽しかったんです。ボランティア最終日のお別れ会では、涙を流しながら子どもたちが「せんせ〜」って抱きついてきて。そんな子どもたちの可愛いさが忘れられず、大学生になってもボランティアを続けようと、前々から思っていました。そこで入学後に先輩や同学科の友達からROJEを教えてもらい、アットホームな雰囲気に惹かれて入ることに決めました。

板野:ふたりともROJEの雰囲気を気に入ってくれたんだね〜。そんな環境のROJEに入って一番印象に残っている思い出ってなに?

高松:関東関西九州のメンバーが集まる合宿に参加した時でしょうか…。ROJEメンはオン・オフの切り替えが上手な人が多いなあと感じました。特にかたろぉ〜じぇでは、教育に対する熱意に満ち溢れた人ばかりで、かなり刺激を受けました。

板野:かたろぉ〜じぇね!語る+ろじぇ=かたろぉ〜じぇと称して、サイコロトークするやつね…。

私も新歓合宿でかたろぉ〜じぇを経験して面白いなあって感じたし、周りの教育へのアツい想いとか知って刺激を受けたなあ….。

松本:私もその全支部の学生が集まる合宿が思い出に残ってる!!花火をしたり、肝だめしをしたり、BBQしたり、ほうとうを食べたり…。

板野:食べてばっかりだなあ笑確かにROJEでのイベント系って食べることが多いよね。笑みんな美味しそうに食べるんだなあ…。話がずれたね…えっと、二人は今、ROJEではどのようなことをしているのかな?

高松:学校ボランティアプロジェクトのコーディネーター班に所属してます!簡単に説明すると学校と運営、ボラランティアと運営の橋渡し役をする班です。具体的には半期に一度提携校へ訪問したり、月に一度ボランティアさんの活動をフォローしたりなど、ボランティアさんが気持ちよく活動できるような手助けをしています。


松本:今は研修班班長として活動しています。ボランティアさんを対象に、専門知識などについての研修会を行なったり、活動する学校を越えた交流会などの開催を行なっています!

また、ボランティアとして実際に週1回小学校に行き、授業中のサポートをしたり休み時間には子どもたちと思いきり体を動かして遊んだりしながら楽しく活動しています。

板野:プロジェクト運営にも関わりながら、ボランティアに通っているんだね!ボランティアをやっていてよかったなあと感じることはある?

松本:お昼休みには子どもたちと全力で校庭を走り回っておにごっこをしたり、一緒にお花に水をあげたり、うさぎ小屋に入ったり…本当に充実した時間を過ごしています!

私は週に1回しか活動していないのですが、

「せんせい明日も来てくれる?」

「またあそぼ!!」

と帰り際に子どもたちに言ってもらえるのが本当に嬉しいです!!

「先生でも友達でもない立場」である「ボランティア」だからこそ築くことのできる子どもとの関係から、毎回沢山のことを学んでいます。

授業中のちょっとしたつぶやきから新たな一面を知ることも多く、子どもひとりひとりに目を向けることの大切さを実感しています。

学校現場に入って、先生方の働く姿や小学生の様子を実際に見ることができることも学校ボランティアプロジェクトの魅力です。

板野:子どもたちの学びの場に入っているのに、自分にも多くの学びがあるってよく考えたらとっても良い環境だよね…!私も行きたくなってきた….。

高松さんもボランティアに通っているの??

高松:私は授業の関係で今期は行けていないんです。ですが、1年の後期は活動していました!2年の後期も活動したいと思っています。

板野:そうなんだね!ボランティアを1年生の頃に経験して学んだこととか、ある?

高松:たくさんありますよ!!先生方は忙しいということをこれまでも頻繁に耳にしてきましたが、やはり現場に入って初めて、それが実感を伴ったものになりました。子どもは1人1人性格も違えば得意・不得意も違うため、本当は1人1人に向き合ってあげることが大切なのでしょうが、現実にはそれが担任の先生だけではどれほど難しいかということを痛感させられる日々でした…。

だからこそボランティアが積極的に学校に入り、子ども1人1人に向き合ってあげるべきなのではないかと日々感じています。

松本も言ってましたが、継続的な活動をしていると、子どもたちとの信頼関係を築くことができるんです。これってとっても魅力的だと思いませんか?活動に行くたびに抱きついてくる子がいたり、初めはツンツンしていたのにじっくり向き合ううちに次第に受け入れてくれるようになった子もいたり…、本当にやりがいを感じます。

板野:ふたりとも考えがとってもしっかりしているなぁ…。私とどっちが先輩なのかわからなくなりそうだよ…笑

最後に。2年生になって後輩ができるけど、ふたりはどんな先輩になりたいですか?

松本:下級生のみんなが距離を感じないような親しみやすい先輩になりたいです!

高松:1年前の新歓で私が先輩に憧れを抱いたように、少しでも後輩の憧れになれるように頑張りたいです。また先輩・後輩という垣根を超えた関係を作り、皆にとって居心地の良いサークルになれば良いなあと思っています。

板野:そうかあ、フレンドリーな先輩ってことかな。確かに親しみやすいとコミュニケーションも取りやすいし、よいことばかりだよね!二人がどんな先輩になっていくのか今からとっても楽しみです〜〜!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

大学3年生の私から見たふたりはとっても立派でした。

新歓って新入生だけではなく、現役生にとってもドキドキする時期なのだなあと、去年の自分も思い出しながらインタビューをしていました。

さて、そんな彼女たちが活動している

学校ボランティアプロジェクトでは

実際に小学校・中学校へボランティアとして活動をするメンバーをまだまだ募集しています!
詳しくはこちら▷▷http://kyouikusaikou.jp/activity/vp/

そしてROJEにはまだまだたくさんのプロジェクトがあります!!
気になった方はこちら▶▶http://kyouikusaikou.jp/roje/

新歓期が終わるサークルが多い中、ROJEでは入会のチャンスがまだまだあります!

◆第6回新歓説明会◆

5月8日(月)17:45集合

@JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口

◆第7回新歓説明会◆

5月27日(土)18:15集合

@小田急線参宮橋駅改札前

この説明会では、ROJEでどのようなボランティア活動ができるのかについて

各プロジェクトのメンバーが熱意を込めたプレゼンでご説明します!

約2時間を予定しています!

説明会後は懇親会もあります。時間に余裕のある方は是非こちらにもご参加ください〜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る